【確認中】【態度悪く御礼】500円…キンコン西野亮廣が詐欺批判を承知で夢見る革命とプペル美術館の画像1
キングコング・西野亮廣が開くオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」ではさまざまなクラウドファンディングが企画されており、その内容の“いかがわしさ”がネットでたびたび話題となっている。(画像は「西野亮廣エンタメ研究所」公式サイトより)

 原作・製作総指揮・脚本を担当したアニメ映画『えんとつ町のプペル』が、興行収入20億円、観客動員数150万人突破という大ヒット(2021年2月現在)を記録しているキングコング・西野亮廣(40)。スマホアプリ「HELLO! MOVIE」を使用した「西野による副音声付き上映第2弾」が11日からスタートしたこともあり、何度も劇場に足を運んでいるリピーターも多いというが、そのなかには西野のオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の会員も少なくないといわれている。

「西野は2016年からオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』を開設。会費は月額980円、サロンの会員数は現時点で約7万1000人ほどだといい、年間売り上げはざっと8億3000万円ほどだとか。『えんとつ町のプペル』公開後、ネットでは一部のサロン会員が同映画の台本付き前売りチケットを大量に購入し、みずから手売りしていたことが判明して物議を醸していました。発端は、西野のサロン会員向けに『映画のシナリオ台本と前売りチケットを原価で仕入れて販売できる権利』が与えられたことだったといいます」(芸能ライター)

 西野は、自身のオンラインサロンでさまざまなクラウドファンディングを企画しており、賛同してくれたユーザーに対して支援金額ごとに“リターン”を行っている。その内容の“いかがわしさ”もまた、彼の行動がネットで話題となる一因となっているようだ。

【確認中】【態度悪く御礼】500円…キンコン西野亮廣が詐欺批判を承知で夢見る革命とプペル美術館の画像2
西野の地元・兵庫県に時計台を作るためのクラウドファンディング。目標金額を大幅に達成し、1000万近くが集まった。(画像は、吉本興業のクラファンサイト『シルクハット』より)

【態度悪く御礼】500円、【目をそらしながら御礼】500円、【真っ直ぐ目を見て御礼】1000円

 たとえば、西野の地元・兵庫県に時計台を作るためのクラウドファンディングのリターンは、以下の通りである。

【態度悪く御礼】500円
このリターンを購入したことを 西野亮廣と会った時に言っていただけると、西野がぶっきら棒に「ああ。ありがとう」と御礼をします。

【目をそらしながら御礼】500円
このリターンを購入したことを 西野亮廣と会った時に言っていただけると、西野が伏し目がちに「ありがとうございます。 ありがとうございます。ありがとうございます」と三回御礼をします。

【真っ直ぐ目を見て御礼】1000円
このリターンを購入したことを西野亮廣と会った時に言っていただけると、西野が真っ直ぐ目を見て「ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます」と三回御礼をします。

(すべて、吉本興行のクラウドファンディングサイト『シルクハット』より、原文ママ)

 ちなみに【西野と時計台を作れる権利】は5000円。ユーザーは自らお金を払って、西野と一緒に時計台を作るというわけだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合