ワンオクTaka、マイファスHiroの“両親問題”論考…森進一の裁判、森昌子の引退の画像1
「港町ブルース」や「おふくろさん」など、数多くのヒット曲で知られる歌手の森進一。彼が、ONE OK ROCKのTakaや、MY FIRST STORYのHiroの父親であることを、若い読者はご存じだろうか?(画像は2016年にビクターエンタテインメントより発売された『森進一ベスト〜歌手生活50周年記念盤〜』のジャケット)

 人気ロックバンドであるONE OK ROCKのボーカリストであるTakaと、MY FIRST STORYの同じくボーカル担当のHiroは兄弟で、2人の離婚した両親がどちらも有名歌手であることを認識している人は多いだろう。しかし、具体的にどのような人物だったのか、あまりイメージがわかないという若い世代の読者も少なくないのではなかろうか。そこで本稿では、TakaとHiroの父親・森進一と母親・森昌子の経歴について、21世紀育ちの音楽ファンにも理解できるように解説していきたい。

 まず前段として確認しておきたいのは、森進一と森昌子の苗字が同じなのは、偶然であるということだ。どちらもデビュー当時からの芸名であり、それぞれ出生名は森内一寛、森田昌子である。Takaの本名は「森内貴寛」、Hiroは「森内寛樹」だが、これは父親の苗字を今も名乗っているからだ。

ジャニーズ勢も破れない紅白トリの最年少記録、虚偽の婚約不履行騒動でまさかの悲劇

 TakaとHiroの父親である森進一は、第二次世界大戦の終戦から2年後の1947年11月生まれ。父親のいない家庭に育った彼は、中学卒業直後に就職している。より好条件を求めて職を転々としていた18歳の頃、森進一は『リズム歌合戦』(フジテレビ系)という、今でいえば『THEカラオケ★バトル』(テレビ東京系)のような、一般公募の視聴者が歌唱力を競う番組に出演。ここで優勝することで、大手芸能プロの渡辺プロダクションにスカウトされ、一転、歌手デビューを目指すことになる。

 関係者がその売り出し方を検討した結果、“あえて声を潰して、しゃがれ声で唸るように女心を歌う”という路線が決まり、1966年に『女のためいき』という曲でデビューを果たした。美声自慢の歌手が多かったその時代、ハスキーボイスのボーカリストは強烈なインパクトを残すことに。デビュー曲はヒットし、続く『命かれても』、『盛り場ブルース』といった楽曲を連続ヒットさせることで、森進一は人気歌手の仲間入りをした。

 デビュー3年目にはNHK『紅白歌合戦』に初出場。続いて翌1969年には、『港町ブルース』の大ヒットで22歳にして「日本レコード大賞」の最優秀歌唱賞を受賞。さらに『紅白歌合戦』のトリ(紅組ないしは白組の最後に歌うこと)を務めている。これは、50年以上たっていまだ破られていない、白組トリの最年少記録だ。嵐の初トリの際(2014年)にもっとも若い松本潤は30歳を過ぎており、SMAPが初めてトリを務めた2003年末に最年少メンバーの香取慎吾は26歳だった。

 また森進一は『紅白』において通算で、大トリ(すべての歌手の最後に歌うこと)5回を含む計9回のトリを任されている。これらは、男性歌手で歴代3位の記録である。

 1971年には『おふくろさん』という曲で2度目の「日本レコード大賞」最優秀歌唱賞を受賞するなど、すべてが順風満帆だった彼に、まさかの悲劇が起こる。実母、つまりTakaとHiroの父方の祖母にあたる人物が自死したのだ。

 この一件は、森進一がある女性ファンから婚約不履行で訴えられたことが原因だとされる。そのファンは、実母が入院した際に病院を見舞い、そこで親切にされたことがきっかけで「森と婚約したが不履行にされた」と主張するようになる。人気スターの母親は、思いもよらぬ騒動を苦に自ら命を断ったのだった。ただしその後、裁判において、このファンの主張は虚偽であり、婚約そのものがまったくの事実無根だと証明されている。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合