工藤会トップ裁判、直接証拠なき死刑求刑に無罪主張で全面対立…8月に注目の判決の画像1
福岡地裁本庁(「Wikipedia」より)

 3月11日、日本唯一の特定危険指定暴力団・五代目工藤會のトップの野村悟総裁とナンバー2の田上文雄会長の公判が福岡地裁(足立勉裁判長)で開かれ、弁護側の最終弁論が行われた。検察側は1月14日の論告求刑公判で野村総裁に死刑、田上会長に無期懲役と罰金2000万円を求刑したが、弁護側は一貫して無罪を主張している。

 裁判は3月11日に結審し、判決は8月24日に言い渡される。指定暴力団トップに死刑が求刑されるのは史上初の事態だ。以前から工藤會関係者の冤罪事件などを取材し、四代目工藤會の溝下秀男総裁(故人)との共著もある、作家の宮崎学さんに聞いた。

「証拠のない裁判」にメディアも懐疑的?

 審理の対象となっているのは、元漁協組合長射殺(1998年)、福岡県警の元警部銃撃(2012年)、看護師襲撃(2013年)、歯科医師襲撃(2014年)の4つの事件で、元漁業組合長射殺事件は殺人罪、他の3件は組織犯罪処罰法違反の罪である。

 いずれの事件も野村総裁らの犯行を裏付ける直接的な証拠はなく、被告人と弁護側は「『推認』のみで証拠がない、でたらめな立証だ」と無罪を主張してきた。

 宮崎さんは、「この裁判は警察庁による『野村総裁の死刑ありき』で始められているので、間接証拠でもいいということでしょう。完全な出来レースですが、意外なことに、メディアはけっこうニュートラルに報道していますね」と分析する。

「直接的な証拠がないこととともに、今回の最終弁論の内容についてもわりと詳しく触れているんです。たとえば、3月12日付の西日本新聞は弁護側の主張を4つの事件についてそれぞれ紹介し、さらに弁護団の『証拠が全くない異様な裁判。これで有罪となれば司法の壊滅だ』とするコメントまで載せています。他に掲載するネタがなかったのかもしれませんが(笑)、これはおもしろいと思いました。

 他にも、複数のメディアが田上会長の法廷での『あまりにもひどい、ずさんな裁判だなと思っています』という言葉を取り上げています。特に毎日新聞は、田上会長の言葉として『裁判所にはまっすぐな目で、証拠に照らして的確な判断をお願いしたい』と載せています。以前なら、ここまで踏み込んで報じることはなかった気がしますね。

 それから、テレビ西日本はわざわざ『暴力団に詳しい』弁護士からコメントを取っているのに、『証言の積み重ねとか、そういう立証の難しさはあります』と言わせています。やっぱりプロから見ても難しいんじゃねえか、ということになるでしょう(笑)」(宮崎さん)

福岡県警本部長は工藤會壊滅に本腰

 一方で、警察庁はあくまでも強硬路線だ。

「2月の人事で福岡県警本部長に就任した野村護氏の前職は、警察庁組織犯罪対策部長です。就任会見で『社会全体で暴力団排除を促進させるよう、警察が前面にたって対策を講じ、暴力団の壊滅を目指す覚悟だ』『(工藤會の)壊滅に向けた対策の帰趨を決する重要な年だ』などと述べています」と宮崎さん。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合