NEW

スタバ、春の新作フラペチーノ&ラテに不評続出…あの定番商品も苦すぎ&甘すぎで残念?

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
スタバ、春の新作フラペチーノ&ラテに不評続出…あの定番商品も苦すぎ&甘すぎで残念?の画像1
スターバックスの店舗

 2020年12月末時点で日本全国に1628もの店舗を構える大手コーヒーチェーン「スターバックス コーヒー」。国内のカフェチェーンでは最大の店舗数を誇るスタバも、新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年の売り上げはガタ落ちとなった。

 スタバの第1四半期(2019年10~12月)の全世界の純売上高は70億9710万ドルで前年同期比7%増だったのに対して、第2四半期(20年1~3月)の純売上高は59億9570万ドルで前年同期比4.9%減と数字を落とした。さらに、第3四半期(20年4~6月)の純売上高は42億2210万ドルで前年同期比38%減と大幅に落ち込んだ。第4四半期(20年7~9月)は純売上高62億310万ドルで前年同期比8%減と、いまだ前年より数字は減少しているものの、徐々に回復の兆しを見せつつある。

 スタバはこの春も新商品を続々と登場させているが、中には不評な商品もあるようだ。そこで今回は、スタバ商品を独自にリサーチし、「この春、買ってはいけないスタバ商品5選」を厳選した(価格は税別)。

さくらふわり ベリー フラペチーノ/[トールサイズ]590円

 2月15日に登場した新商品「さくらふわり ベリー フラペチーノ」はその商品名の通り、春の風物詩である桜をイメージしたドリンク。季節限定のフラペチーノということで多くの人が期待を寄せていたが、それだけにSNSでは期待外れだったという不評の声も上がっているようだ。

スタバ、春の新作フラペチーノ&ラテに不評続出…あの定番商品も苦すぎ&甘すぎで残念?の画像2

 難点として語られているのは、香りと、ドリンクの中にあるラズベリーパンナコッタの2つ。口に含んだ瞬間に桜の香りが漂うのだが、味のアクセントになるようなふんわりとした自然な香りではなく、ガツンとした香りが鼻の奥に入ってくるため、味全体に悪影響を及ぼしている。そして、ラズベリーパンナコッタはフラペチーノとの相性が微妙で、グニャグニャしたようなパンナコッタの食感が飲んだ後まで残ってしまうのだ。

 一方で、味に関してはすっきりとした甘さの春らしいフラペチーノであることは間違いないため、一度は試しに飲んでみるのも良いかもしれない。

スプリング ラテ/[トールサイズ]380円

「さくらふわり ベリー フラペチーノ」と同時期に登場した春の新商品が、この「スプリング ラテ」。実に春らしい商品名となっているのだが、定番商品である「スターバックス ラテ」との味の違いがわからないという指摘が相次いでいる。

スタバ、春の新作フラペチーノ&ラテに不評続出…あの定番商品も苦すぎ&甘すぎで残念?の画像3

 実際に両方を購入して少しずつ味を確かめながら飲み進めていったが、「スターバックス ラテ」との味の違いはいまいちわからなかった。購入先の店員に確認したところ、4種のコーヒーがブレンドされた「スプリング シーズン ブレンド」という、ダークチェリーの風味とスパイスの香りが特徴的なコーヒー豆を使用しているのだという。

 逆に言えば、細かな豆の違いがわかるようなコアなコーヒーファン、スタバファンであれば変化が楽しめるドリンクと言えるかもしれない。また、価格は「スターバックス ラテ」とまったく同じなので、「スターバックス ラテ」を愛飲しているという方は試しに購入しても損はないだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合