NHK「庵野秀明」特集、『エヴァ』制作の超絶な過酷労働&スタッフ疲弊ぶり、話題にの画像1
エヴァンゲリオン公式サイトより

 22日に放送されたNHKのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明スペシャル』が大きな反響を呼んでいる。

 今放送では、3月8日の公開後2週間で興行収入49億円、観客動員数322万人を記録する大ヒットとなっているアニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の総監督、庵野秀明氏に密着。番組のHPでは「これまで長期取材が決して許されなかった庵野の制作現場を、シリーズ完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』で初めて余すところなく記録した」と紹介されている。

 通常、アニメ制作ではカットごとの絵コンテを作成し、それに沿ってアニメーションを制作していく。だが『シン・エヴァ』では庵野氏の方針に基づき、絵コンテをつくらず、最初に「モーションキャプチャー」(実際の俳優の動きを撮影してデータとして取り込み、アニメーション制作に生かす手法)を行い、その映像を編集して完成状態をシミュレーションする素材である「プリヴィズ」をつくるというプロセスで進められた。

 庵野はモーションキャプチャーの現場で、カメラ撮影をスタッフたちに任せ、自身はその映像を確認することのみに終始していた。

「自分がやるよりは、任せたほうがいい。自分で最初からやると、自分で全部やったほうがよくなっちゃう。やっぱり頭の中でつくると、その人の脳の中である世界で終わっちゃうんですよ。その人の外がないんだよね。自分の外にあるもので勝負したい。肥大化したエゴに対するアンチテーゼかもしれない」(庵野)

 しかし庵野は開始から数日たったところで、スタッフを前に「正面の引き画が、いい画が一個もない」「今のだと、使えそうなの、ほとんど撮れてない」とダメ出し。自身でスマートフォンを手にして撮影を始めるのだが、番組内で監督の鶴巻和哉は次のように語る。

「いったんは人に任せてみようと庵野さんはいつも思ってる。なのに、そうならない。最終的には庵野さんが全部塗りつぶしていくし、書き換えていくことでしか、庵野さんが満足いくものがつくれていないのかも」

作品至上主義

 庵野は映画の冒頭30分の「Aパート」のプリヴィズ制作をスタッフに任せるが、出来上がったものを見て、庵野はイチからプリヴィズをやり直すと言い、スタジオにこもる。そして9カ月かけてつくってきたAパートについて、「Aパートごと(脚本を)書き直そうかな。僕の台本が全然できてないっていうのが、これでわかった」と、ゼロから書き直しを始めることに。いったんは出来上がったプリヴィズに対し、一部のスタッフから不評の意見が出たことが理由だという。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合