NEW

「ハゲは遺伝」「辛い食べ物は髪に悪い」は事実?リアップの大正製薬研究員に聞いた

協力=大正製薬株式会社、取材・文=小澤佐知子
【この記事のキーワード】

, ,

「ハゲは遺伝」「辛い食べ物は髪に悪い」は事実?リアップの大正製薬研究員に聞いたの画像1
「Getty Images」より

 薄毛は、多くの男性が抱える悩みのひとつ。ポジティブに捉えてオシャレ坊主にヘアスタイルをシフトし、“薄毛でも魅力的なオトコ”を演出したいところだが、薄毛の予兆・進行を感じ始めたら不安になるのがホンネ。まことしやかな薄毛や育毛にまつわる話が巷にあふれているのは、その証左だろう。

 そんな「興味はあるけれど、実際の効果はどうなの?」という真偽不明な育毛・発毛方法や、薄毛対策に関する幅広いアイテム選びまで、玉石混交の情報に惑わされ、正しいケアを実践できている人は少ないかもしれない。

 そこで、発毛剤「リアップ」の開発、薄毛などの研究を行う大正製薬株式会社の出浦小織氏に「薄毛にまつわるウソ・ホント」について、話を聞いた。

 出浦氏は大正製薬に入社以来、OTC医薬品(薬局・薬店・ドラッグストアなどで購入できる医薬品)の開発に従事。現在、同社のセルフメディケーション開発研究所に所属し、毛髪科学や皮膚科学に基づく製剤の開発を担当する、その道のエキスパ―トだ。

――「ハゲは遺伝する」は本当か?

「壮年性脱毛症(AGA)は遺伝性のものです。ただし、薄毛の進行には複数の原因が関係している場合があります。遺伝だけではなく、生活習慣や喫煙、ストレスや紫外線なども抜け毛の原因となりますから、普段から規則正しい生活を心がけることも大切なのです。

 ちなみに、薄毛の進行の見極めは、以前と比べて頭頂部や前頭部の髪が薄くなってきた、もしくは髪が細く、短くなっていると気づいた場合です。AGAの可能性があります。成人男性の抜け毛・薄毛の多くはAGAによるものといわれています。

 AGAになると、男性ホルモンの働きによって毛髪の成長期が短くなり、髪の毛が十分に成長する前に退行期に移るため、髪の毛は細く短い産毛のような毛から成長しなくなります。そのため、産毛のような細く短い毛が増えてボリュームダウンするのも特徴です。

 AGAは進行性なので、そのままにしておくと薄毛が広がっていきます。髪の毛が完全に抜け落ちてしまった部分は対策・治療の効果が出にくくなるので、AGA対策は早めに行うことが大切です」

――発毛剤、育毛剤、頭皮用ローションの効果の違いとは?

「発毛剤は、毛包(毛を産生する器官)を活性化させて新しい髪の生成を促します。また、血行を促進させて細胞に栄養を行き渡らせて発毛を促進し、髪を太くします。つまり、『新たな毛を増やす』と『抜け毛を防ぐ』という2つの効果があります。

 育毛剤は、頭皮を清潔に保ち、髪が育ちやすい環境を整えることで、『抜け毛を防ぐ』効果が期待できます。

 そして頭皮用ローションは、頭皮のうるおいを保つなどの頭皮環境の改善が目的です。いずれにしても、自分の頭皮や髪の状態に合わせてアイテムを選びましょう」

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合