視聴率30%超え…キックの鬼沢村忠が引退後に姿を消した理由と真空飛び膝蹴り秘話の画像1
テパリット・ルークパンチャマに強烈なとび蹴りをお見舞いする沢村忠(左)。1976年1月12日、東京・後楽園ホール(写真:スポーツニッポン/アフロ)

 謹厳実直にして頑固、それでいてひどく面倒見の良い人だった。

 3月26日、肺がんのため78歳で死去した“キックの鬼”沢村忠さんである。沢村さんは、1970年代に空前絶後のキックボクシングブームをつくった元東洋ライト級王者。必殺技「真空飛び膝蹴り」でKOの山を築き、TBSがゴールデンタイムに全国25局ネットで中継した彼のファイトは、視聴率20%を軽々と超え、最高で34%に達した。

 その過程で、沢村さんの半生を描いた劇画『キックの鬼』が子どもたちの人気を独占し、1973年にはプロ野球3冠王の王貞治を抑え、日本プロスポーツ大賞が沢村さんに贈られた。

 公式の通算戦績は232勝(228KO)5敗4分け。地方興行などの非公式試合を含めると、500試合以上は闘ってきたとも言われている。

 1977年10月、満身創痍のまま11年間の現役生活にピリオドを打ち、引退。ここから、彼は忽然と姿を消す。ドランカー症状による廃人説、ヤクザの用心棒説、借金からの逃亡説、そして死亡説……。こうした根も葉もない噂が飛び交い、マスメディアの多くがその行方を捜し、当時駆け出しライターにすぎなかった私もその一人だった。

 だが、すべての臆測は見事なまでに打ち砕かれた。

初対面で起きたハプニング

 私が丸2年もの歳月をかけて、ようやく沢村さんの居場所を突き止めたのは、1986年12月。引退から9年後のことである。その夜、私はカメラマンと一緒に、寒さに震えながら都内のとあるマンションの駐車場にいた。このとき、カメラマンが発した言葉に29歳だった私が少しムキになって応答したのも、私たち当時のマスメディアが沢村さんをめぐる臆測に、いかに翻弄されていたかを物語っている。 

「いっそのこと、写真だけ撮って逃げちゃおうか」

「やめてくださいよ。逃げたら話を聞けないじゃないですか」

「だって蹴られるかもしれないぞ」

「蹴られたっていいですよ」

「どうなっても、知らないからな」

 このやりとりからややあって、駐車場の向こうに車のヘッドライトが見えてきた。その煌々とした光が、私たちに近づいてくる。外国車だった。それが私たちのすぐ近くに止まると、ヘッドライトが消え、一人の男が降りてきた。

 外灯の淡い光が、その姿を映し出した。ジーパンにジャンパー、ゴム靴という質素な出で立ち。かつてのスポーツ刈りは長髪になり、軽いウェーブがかけられていた。口髭はあったが、表情に鋭利な色はない。エンジンオイルの匂いが、かすかに鼻をついた。

「沢村さんですか?」

 私は名刺を差し出した。それから、彼から視線を反らすことなく、取材の趣旨を説明した。

 沢村さんも黙って、私を見ていた。そして、数秒の間を置くと、

「レストランにでも行きましょうか。車に乗ってください」

 そうポツンと口にした。

 沢村さんとの出会いだったが、このときのちょっとしたハプニングを、今でも私は思い出すことがある。沢村さんの愛車でレストランに向かう途中、わずか右前方にいた車が、ウインカーを上げずに突然車線を変更したため、沢村さんの車と接触してしまったのだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合