“炎上議員”石垣のりこ氏、不倫報道…選対陣営内でタブー扱いだった「菅野完氏との関係」の画像1
石垣のりこ公式サイトより

「どんなに面倒くさくても、それを阻むありとあらゆる小さな悪を注意深く拒むことを“習慣”として身に付けることが、近代民主主義国家に生きる私たちの責務であり、嗜みであると考えます」

 政治家にとっての”悪”とはなんなのか――。立憲民主党参議院議員(宮城県選挙区)の石垣のりこ氏は、2019年夏の参議院選挙に初当選後、自身の公式サイトで上記のような見解を述べている。そんな石垣氏と『日本会議の研究』(扶桑社)で知られる著述家の菅野完氏との不倫疑惑が、5月17日発売の「週刊ポスト」(小学館)で報じられた。矢継ぎ早に「週刊女性PRIME」(同)は24日、記事『【独自】立憲・石垣のりこ議員、菅野完氏との「不倫の証拠」と「隠ぺい音声」を入手』を公開。今後も疑惑の深掘りが続くのは必至な情勢となっている。

 事の真偽は定かではないが、一連の報道で地元宮城県では動揺が広がっているようだ。

参院選出馬で突然露わになった「政治的信条」

 仙台市在住の石垣氏のファンの女性は困惑気味に話す。

「私は石垣さんと同郷の岩切(仙台市宮城野区)出身です。また同じくロスジェネ世代なこともあって『Date fm』(エフエム仙台)のパーソナリティーだった石垣さんの放送を楽しみに聴いていました。熊谷達也さんや伊坂幸太郎さんなど地元出身の文化人とのコラボ企画などとても楽しみにしていました。また出演されていた東日本大震災の復興をテーマにした番組『Hope for MIYAGI』は被災者や震災で影響を受けた農業生産者、漁業関係者の目線に立った企画がたくさんありました。涙なくして聞けない放送回もありました。

 正直、参院選に出馬するのにあたって、『Date fm』を退社したのはとても寂しかったです。しかし、出馬後に突然、『消費税ゼロ』を訴え出した時、“あれ? こういうひとだったっけ”と違和感がありました。当時は、会社に所属していると『政治的な考えを公にできなかったんだろうな』程度にしか思いませんでしたが、当選後の過激な主張や、そして今回の週刊誌の不倫報道を読みにつれ、違和感は大きくなりつつあります。今ではあの人に1票を投じてよかったのか自問しています」

 石垣氏は仙台市出身。地元の名門、宮城県第二女子高等学校(現:宮城県仙台二華高等学校)、宮城教育大学教育学部小学校教員養成課程を卒業。1998年にエフエム仙台に入社。前述のファンが語るように、地元出身者ならではの視点を生かした企画は多くのリスナーの心をつかんだ。

 そして、2019年の参院選に立憲民主党の公認候補として出馬することになる。石垣氏陣営の選挙対策本部は日本共産党、社会民主党、国民民主党の推薦・支持を獲得。「野党統一候補のひとつの理想形」と言われた。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合