深田恭子が発症した「適応障害」、誰でも発症する可能性…芸能界特有の事情も遠因かの画像1
深田恭子のInstagramより

 26日、“深キョン”の愛称で親しまれる女優の深田恭子適応障害と診断され活動休止に入ることが発表された。27日付「スポニチアネックス」記事によれば、深田は今月、映画撮影終了直後に倒れ、病院に搬送され治療を受けていたという。さらに、ここ最近は舞台の稽古やCMの撮影なども重なっていたという。

 主演予定だった7月期のフジテレビ系ドラマからの降板がすでに発表されているが、ここ数年は“働きづめ”という印象が強い。2019年には、“はじ恋”の愛称で話題作となった『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)、『ルパンの娘』(フジテレビ系)の2本の連続テレビドラマに主演。昨年20年も『ルパンの娘』第2シリーズに主演し、同作の映画版も今年10月に公開予定だ。

 こうした過密スケジュールが体調不良につながったのではないかと心配する声も出ているが、適応障害とはどのような症状なのか。精神科医の片田珠美氏に解説してもらう。

ストレス因子

 適応障害は、何らかの心理社会的ストレス因子への反応として心身に不調をきたす病気です。出現する症状はさまざまで、身体症状としては、頭痛、腹痛、めまい、動悸、吐き気、下痢、食欲不振、全身倦怠感などが多く、精神症状としては、不安、不眠、焦燥感、集中力低下などが多いようです。

 抑うつ気分を伴うケースも少なくなく、その場合はうつとの鑑別診断が必要になります。適応障害のほうが、ストレス因子がはっきりしていて、環境的要因が大きいことが、うつとの違いといえるでしょう。

 ストレス因子になるのは、人間関係、業務内容、長時間労働、異動や昇進、転勤や転居、上司が替わったことなど、さまざまです。最近増えているストレス因子としては、IT化の流れの中でパソコンを使わなければならなくなったが、なかなか慣れなくてミスが多く叱責されたとか、コロナ禍でテレワークになって自宅で仕事をするようになったが、集中できず成果を出せないとかいったものです。ですから、誰でも生活の中で経験するようなストレスに対処できなくて、適応障害になるわけです。

 深田恭子さんの場合、何がストレス因子になったのでしょうか。一部報道によれば、映画の撮影、舞台作品の稽古、CMの撮影などで激務が続いていたうえ、フジテレビの連続ドラマが近日中にクランクインする予定だったということなので、オーバーワークがストレス因子になったのかもしれません。

 また、連続ドラマの主演を務めるということで、重圧を感じていた可能性もあります。深田さんと同じ事務所に所属する綾瀬はるかさんが主演を務めた今年1月期の連ドラ『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)の視聴率が良く、2桁台を維持していたこともあって、『自分も頑張らなければ』と肩に力が入りすぎていたとも考えられます。

 さらに、深田さんと綾瀬さんとともに『ホリプロ3人娘』と呼ばれている石原さとみさんが最近結婚しましたが、深田さんも、不動産会社を経営する5歳年上の杉本宏之氏と交際しており、結婚を望んでいるという報道がありました。あくまでも一般論ですが、女性の場合、恋愛や結婚がうまくいかないことがストレス因子になることも少なくありません。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合