NEW
高橋祐介「楽しいゲームの話だけさせてくれ」

いまだPS5は入手困難だが”Xbox One+ゲームパス”なら100作品以上遊び放題

文=高橋祐介/ライター、Xbox歴14年目
【この記事のキーワード】

, ,

いまだPS5は入手困難だが\
「Xbox Game Pass」

 昨年11月の発売から半年が経過したにもかかわらず、いまだにPlayStation 5(以下、PS5)、Xbox Series X/S(以下、XSX)が入手しにくい状況が続いています。しかも両ハードとも専用ゲームがそれほど登場していないため(特にXSXは人気シリーズの早期投入が急務です!)、ゲームファンの間でも「急いで手に入れたところで……」的なムードが蔓延してしまいました。

 ならいっそ、性能を要するリッチなゲームはWindows PCで遊ぶという手もあるのですが、PS5やXSXと同等以上の映像で遊ぶには高価なマシンが必要です。さらに現在は仮想通貨のマイニングの影響で、グラフィックボードの価格が高騰中。PC自作の経験がある人ならまだしも、初心者が手を出すにはいささか時期がよろしくありません。

 そんな2021年5月の状況下で、なかなかに魅力的な選択肢として浮上してくるのがXbox Oneと、サブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」(以下、ゲームパス)の組み合わせです。

「なぜ急に一世代前のXbox One?」と思われる方も多いかもしれませんが、今年は初代Xbox発売から20周年。5月14日から11月にかけて、Xbox 20周年記念イベントが順次開催されるとのこと。それを知った筆者は、手元に残る歴代Xboxを順に起動して遊んでいたのですが、Xbox Oneを起動したところでふと気がついてしまったのです。ゲームパスを活用すれば、Xbox Oneもまだまだ現行機といえるのではないか、と。

 ちなみにゲームパスとは、NetflixやHuluのゲーム版のようなサービス。月額850円(税込)で100本以上ものゲームが遊び放題になり、SwitchやPS4とは一味違ったゲームの楽しみ方ができるのです。また、映像をストリーミングするのではなく、ソフト自体をダウンロードしてプレイするため、操作レスポンスもすこぶる快適。これを書いている5月中旬現在のおもなラインナップは……。

RPG

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』(スクウェア・エニックス)

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(スクウェア・エニックス)

『オクトパストラベラー』(スクウェア・エニックス)

『テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER』(バンダイナムコエンターテインメント)

『CODE VEIN』(バンダイナムコエンターテインメント)

『The Elder Scrolls V:スカイリム スペシャルエディション』(Bethesda Softworks)

『アンダーテイル』(ハチノヨン (8-4))

アクションアドベンチャー

『龍が如く』シリーズ(セガ)

『ニーア オートマタ』(スクウェア・エニックス)

『バイオハザード7』(カプコン)

『グランド・セフト・オートV』(Rockstar Games)

『マインクラフト』(Microsoft)

『Quantum Break』(Xbox Game Studios)

『Ryse: Son of Rome レジェンダリー エディション』(Microsoft)

FPS・TPS・フライトシューティング

『Gears of War』シリーズ(Microsoft)

『Halo』シリーズ(Microsoft)

『Destiny 2』シリーズ(Bungie)

『エースコンバット7』(バンダイナムコエンターテインメント)

レース

『フォルツァ モータースポーツ7』(Xbox Game Studios)

『フォルツァ ホライゾン4』(Xbox Game Studios)

いまだPS5は入手困難だが\
『龍が如く』シリーズはそのほとんどがプレイ可能。

と、ざっと挙げただけでも、各ジャンルの名作・話題作がズラリ。何作かプレイ済みのゲームが含まれているとしても、さすがにすべてをプレイ済みという人は少ないのではないでしょうか。その他のラインナップが気になった方は、公式サイトからご確認ください。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合