NEW
高橋祐介「楽しいゲームの話だけさせてくれ」

なぜ、リメイク版『ファミコン探偵倶楽部』『サガ フロンティア』は成功したのか?

文=高橋祐介/ライター、古ゲー伝承者
なぜ、リメイク版『ファミコン探偵倶楽部』『サガ フロンティア』は成功したのか?の画像1
消えた後継者

 新規感染者数が日々増えていたこともあり、今年の春はハンティング一色に「なってしまった」筆者ですが(取材等もいくつかキャンセルになり、影響大でした……)、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

『モンスターハンターライズ』のアップデートはまだまだ続きますが、そろそろ別のゲームにも触れたい方も増えてくる頃合いかもしれません。さりとて、まったく知らない作品に触れる時間や気持ちの余裕はない……。そんなときに程よく遊べるのが、過去作品のリメイク版やリマスター版でしょう。

 個人的には新規作品がヒットするほうが健全だとは思うのですが、実際に触れてみると昔親しんだゲームだけあって、遊んでよかったと感じさせるものも多々あります。とくにゲーム性やプレイの手触り、テンポ感を保っているものは、初めて遊んだ頃の思い出が蘇ってくるというか……まあそこは、筆者がそんな歳になっただけかもしれませんが。

 今回とりあげるのは、そんなリメイク・リマスター作品の中でも出色のデキだと感じた作品たちです。

 まずはNintendo Switch用のアドベンチャー『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女』について。リメイク・リマスターは数あれど、ここまで原作が昔のものは珍しく、オリジナル版は1988年と1989年の作品です。いや、本当に懐かしい! プレイヤーは探偵助手の少年となり、『消えた後継者』では横溝正史ミステリー的な古い因習の残る村での事件を、『うしろに立つ少女』では学校のウワサに関係する殺人事件について調査することになります。

なぜ、リメイク版『ファミコン探偵倶楽部』『サガ フロンティア』は成功したのか?の画像2
うしろに立つ少女

 両作ともシステムは往年のコマンド選択式アドベンチャーのまま。「聞く」→「アリバイ」「移動する」→「海上の崖」という具合に、コマンドを選んで事件を調べていくあのスタイルです。

 今回のリメイク版はビジュアルが一新され、実力も知名度も申し分ない声優陣によってフルボイス化されています。なので、テキストやゲーム部分も少なからずアレンジされるものと想定、いや覚悟していましたが(笑)、テキストはおろか解き方までが、ほぼ当時のままなのには驚かされました。

 もちろん現在は問題のある表現は変えられており、小説の地の文章のような部分が主人公の独白になってはいるのですが、オリジナルに思い入れがある者にとって、ほぼベストに近いリメイクです。

 ここで少し脱線して、オリジナル版のプラットフォームであるディスクシステムと、『ファミコン探偵倶楽部』を取り巻く状況についてお伝えしましょう。ディスクシステムとは、ファミコンブームがピークを迎えつつあった1986年に発売されたファミコン用の周辺機器。記憶媒体に当時のROMカセットを上回る片面64キロバイト、両面で128キロバイトの容量を持つクイックディスクを採用し、ゲームデータのセーブ、店頭でのゲーム書き換え販売などをセールスポイントに、累計で400万台以上を販売しました。

 また『ゼルダの伝説』『メトロイド』『悪魔城ドラキュラ』『探偵神宮寺三郎』といった、誰もが知るシリーズもディスクシステム用のソフトとしてスタートしています。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合