『ドラゴン桜』は現実的?偏差値32から東大合格する勉強術はあり得る?現役東大生に聞くの画像1
『ドラゴン桜』の公式サイトより

 今クールの連続テレビドラマ『ドラゴン桜』(TBS)が好調だ。同作は2005年に阿部寛主演で放送され、最終話は平均視聴率20.3%を記録した大ヒット作で、今作はそのシーズン2という位置づけになる。第1話は平均視聴率(世帯)14.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と好スタートを切り、以降、2桁をキープしている。

 ストーリーは、偏差値32の私立高校が教育内容にメスを入れて、1年後に東京大学合格者の輩出を目指すという内容だが、こんな夢のようなサクセスストーリーは現実にあり得るのだろうか。そこで今回、東京大学医学部6年生で、『現役東大生が教える超コスパ勉強法』『東大理Ⅲ スピード読書術』の著者でもある佐々木京聖さんに話を聞いた。

 佐々木さんは1996年福島県郡山市生まれ。名門進学校の県立安積高校を卒業後、一浪して東大理Ⅲに入学した。家庭教師として東大理科Ⅲ類(医学部)合格者も輩出した。来年3月に卒業したのち、4月から初期研修医として臨床現場に入る予定だ。

「『ドラゴン桜』にある偏差値32ですが、これは一般模試の偏差値なのか、東大模試の偏差値なのか特定されていません。一般模試と東大模試では偏差値の基準が異なります。東大志願者が受ける東大模試の32なら、決して低いとはいえません」

 そう前置きして、佐々木さんは「どの学部をめざすかで違いはありますが、どのような人でも東大合格を目指すことはできます。正しい勉強法を身につければ、ある程度のレベルまで成績は伸びるのです」と切り出した。

 しかし、その前提として地頭の良さが必要ではないのか。たとえ勉強を怠っていて成績が悪くとも、地頭が優れていれば本格的に勉強に取り組みだして、ほどなく成績の伸びが加速するだろうが、地頭に恵まれなければ足踏み状態が続くのではないのか。この見方を佐々木さんは否定する。

「地頭力は先天的なものに思われやすいのですが、後からでもつけられます。毎日コツコツと勉強していれば、地頭が悪いと思われていた人でも、考え方のフレームを身につけることができます」

合格最低点を狙うという発想

 ただ、これだけでは東大合格に相当する学力には届かないだろう。佐々木さんは「ある程度のレベル」とも言うが、偏差値ランクごとの学力基準をMARCH・早慶・東大の3段階に大別した。

 まず基礎学力さえ身につければ、MARCH(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)なら合格できる。早稲田大学と慶應義塾大学をめざすなら、プラスして難易度の高い問題集に取り組めばよいという。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合