市長室に女性用ガラス張りシャワー室設置の市川市長、私設秘書が逮捕…市の業務に介入かの画像1
市川市長・ 村越祐民氏の後援会事務所(撮影=編集部)

「テスラ公用車」「市長室にガラス張りシャワー室」――独特の政治センスで世間の注目を集めてきた千葉県・市川市の村越祐民市長。その市長の私設秘書が逮捕されたという報道に衝撃が走っている。朝日新聞デジタルが2日、記事『市川市長の私設秘書を逮捕 法務局に虚偽書類提出の疑い』でスクープしたのだ。村越市長は1日の定例会見で、件の「ガラス張りシャワー室」に関し、「撤去せずに災害時に自身と女性職員が利用する」という方針を示し、物議を醸したばかりだった。

 村越市長の周囲で何が起こり、何が問題となっているのか。一連の騒動を振り返るとともに、困惑する関係者の声を聞き、その施策の疑問点を整理した。

前代未聞の再選挙の末に当選

 前出の朝日新聞記事は以下のように報じる。

「千葉県警が、法務局に虚偽の書類を提出したなどとして、自動車レンタル会社社長の押切裕雄容疑者(51)を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕していたことが捜査関係者への取材でわかった。否認しているという。

 関係者によると、押切容疑者は同県市川市の村越祐民市長の私設秘書」(原文ママ)

 市議会関係者は押切氏の逮捕に声をひそめる。

「先月末、押切容疑者の出入り先でもあった村越市長の後援会事務所にも千葉県警の家宅捜索が入ったようです。かつて市長を推した会派に衝撃が走っているようですね。

 押切氏は市長の下で運転手とか金庫番をしていた。市長の名代として、昨年まで市役所にも出入りしていて市の業務にも介入していました。“押し出し”が強くて職員に恐れられていましたよ。報道にもあるように、もともと立憲民主党の平野博文元官房長官の秘書をしていたことがあり、『平野さんに厳しく鍛えられた』と自慢にしていました。シャワー室の問題に加えて、この件は市長には大きな打撃でしょう。もともと市長選自体が前代未聞の事態でしたし、市政はまた混沌としそうです」

 “前代未聞の事態”というのは2017年11月の市長選のことだ。村越氏を含む5人の立候補者が法定得票数に届かず、18年4月に再選挙となったのだ。

 村越市長は民主党(当時)政権時の野田第3次改造内閣で外務政務官だったことを生かし、陣営は改めて野党共闘を模索。村越市長は無所属新人で再出馬し、立憲民主党、民進党(当時)、共産党、自由党、社民党から推薦を取り付けた。そのうえで、無所属新人で再出馬の元衆院議員田中甲氏(61)、元県議坂下茂樹氏(43)を破り初当選した。市選挙管理委員会の資料によると、投票率は33.97%、次点の田中氏との票差は3212票だった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合