因縁の対決…藤井聡太、渡辺明に完勝した“妙手”を解説…史上最年少の九段昇段なるかの画像1
藤井聡太二冠

 18歳の藤井聡太二冠=棋聖、王位=のタイトル初防衛はなるのか、注目の決戦。いや、対する渡辺明三冠(37)=名人 棋王、王将=にとってはそれ以上に「因縁の」といってよい、棋聖戦5番勝負の第1局が6月6日、千葉県木更津市でスタートした。早い展開の将棋となったが、完勝で先勝したのは藤井だった。

 現在「最強」といわれる渡辺だが、この棋聖を含めた三冠だった昨年7月、藤井に1勝3敗で棋聖位を奪われ、若きタイトルホルダー誕生の「引き立て役」になってしまった。その後、豊島将之二冠(31)に挑戦して初めて名人位を獲得しすぐに三冠には戻したが、苦労して挑戦権を得た棋聖戦で藤井に負けるわけにはいかない。渡辺は棋聖を奪還して三冠を守ればその時点で自身初めての四冠になるが、四冠なら羽生善治九段(50)=永世七冠資格以来である。

 渡辺はこれより少し前、名人戦で若手の斎藤慎太郎八段(28)の挑戦を受け、第1局こそ大逆転されたが、あとはしっかりと盛り返して4勝1敗で名人位を初防衛していた。藤井と渡辺の対局前の公式戦対戦成績は藤井の5勝1敗だった。昨年の棋聖戦の3勝1敗、さらに朝日杯将棋オープンで藤井が2勝している。渡辺には分が悪い相手だ。

怒涛の「桂馬3連打」、随所に好手

 先手番は渡辺。互いに居飛車で進める「相掛か」という戦型。2月の朝日杯と似た形になった。一般に藤井は桂馬が好きなのか、使い方が非常にうまいが、この対局では最後はなんと桂馬を4枚とも手にし、渡辺の玉の上方に3枚の桂馬がのしかかって仕留めに来た。渡辺玉はついに逃げることができなかった。

 ABEMAで解説していた広瀬章人八段(34)=元竜王=は、渡辺が4五桂と桂馬を繰り出したのに対して藤井が応じた「3三桂馬」について「なかなか指すことができない素晴らしい手」と舌を巻いていた。普通は3三に成り込もうとする敵駒は定位置の桂馬で処理する。自陣の桂馬を3三に上げて渡辺の桂馬にぶつけて受ければ、自玉の逃げ道も攻撃の角筋も塞いでしまう。しかし、繰り出した桂馬が逆に3三の桂馬で取られれば、渡辺の玉はより危なくなる。渡辺は仕方なく5三に桂馬を成り込ませた。その他、香車で相手の角を取れる場面で、あえて香車の前方に歩を打って重層的な攻めにしたり、あえて香車を成香(敵陣に入って金になる)にしないなど、随所に「好手」が見られた。

 全体的には、藤井の玉が脅かされることは一度もなく、午後6時半、90手目の藤井の6四桂で、少し時間を残した渡辺が、頭を下げて投了した。「秒読み将棋」になることもなかった。終了後の感想戦は50分くらいと、かなり長くやっていたが、「飛車を渡すわけにはいかなかったし」などと、振り返って朗々と話しているのはほとんど渡辺。藤井はたまに「あっ、8三銀ですか」などと小声を出すだけだった。渡辺は藤井と話しているというより、立会人の棋士と話している感じだった。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合