平井デジタル担当相と側近幹部、NTTから高額接待、関連部局が多額発注…NECとは契約解除の画像1
平井卓也デジタル改革担当相の公式サイトより

 平井卓也デジタル改革担当相は7月2日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見した。東京オリンピック・パラリンピックの選手ら訪日関係者向けに開発したスマートフォンアプリの事業費削減をめぐり、内閣官房IT総合戦略室の幹部に、発注先の一社であるNECに対し「脅かしといたほうがいい」などと4月の会議で発言したと報じられたことを受け、この日の会見では「改革の正当性を毀損しかねない振る舞いではないか」との質問が飛んだ。

 これに対して平井氏は「内輪の会談とはいえ、言葉遣いがラフだったことは認める」と釈明した。だが、その一方で「やろうとしていることに関しては、まったく変えようと思っていない。その面ではまったく反省していない」と開き直りともとれる強気の発言に終始した。この間の経緯を振り返ってみよう。

「NECには死んでも発注しない」「ぐちぐち言ったら完全に干す」――。平井氏の会議での“恫喝発言”を、6月11日付朝日新聞朝刊がスクープした。朝日新聞は音声データをもとに報じた。

 アプリは海外からの観光客や大会関係者の健康管理のためのもの。NECが顔認証を担当する共同事業体が1月に応札し、国が指定した仕様に基づき、アプリ開発の請負契約を約73億円で結んだ。ところが、新型コロナウイルスの感染拡大による海外客の受け入れ中止などで機能が見直され、5月31日に約38億円に圧縮する契約に変更された。

 NECはすでに開発を終えており、国の都合で半額に減額になったことに猛反発した。平井氏の“恫喝発言”は減額交渉に関連して飛び出したことになる。「どこか象徴的に干すところをつくらないとなめられる」「一発、遠藤(信博NEC会長)のおっちゃんあたりを脅かしておいたほうがいいよ」とも発言したと伝えられた。

親密企業に発注せよとの「天の声」か

 さらに「週刊文春」(文藝春秋/6月24日号)は、『平井デジタル相「新音声」NEC恫喝の裏に親密会社ゴリ押し 官製談合防止法違反の疑い』と報じた。「文春」によれば、音声データには以下のようなやりとりが記録されているという(以下、引用)。

<平井「デジタル庁の入退室管理と、アクセスのね。それはさ、もう新しいシステムを実験的に入れてくれてもいい。松尾先生に言って一緒にやっちゃってもいいよ」

幹部「あっ」

平井「彼が抱えているベンチャー。ベンチャーでもないな、ACES(エーシーズ)。そこの顏認証、はっきり言ってNECより全然いい部分がある。だから聞いて。もうどこから撮ったっていけるし、速い。アルゴリズムがとっても優秀」>

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合