NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

金融知識ゼロから…地方在住の私が、老後「毎月70万円収入」を実現した方法

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】

, ,

金融知識ゼロから…地方在住の私が、老後「毎月70万円収入」を実現した方法の画像1
コケッコッコ太郎さんのアパート

 新型コロナウイルス感染が拡大し、長引くにつれ、経済的な不安は増すばかりです。特に働き盛り世代にとっては、目の前の生活が精一杯で、老後のことなど到底考えられないのが実情ですよね。そもそも、いくら貯めれば老後は安心して暮せるのでしょうか?

 資産形成は専門知識やある程度の元手が必要な上、手続きや操作も面倒で、つねにガツガツギラギラしていないとお金儲けの情報は得られないと思っていませんか?

 見るからに温厚そうで穏やかな口調で話すコケコッコ太郎さんは、ある地方に住む53歳の個人事業主です。金融知識ゼロから「頑張らない」「簡単」「手間いらず」「株もFXも保有なし」で資産を増やし、65歳でセミリタイアを果たしたら、毎月70万円以上の収入が入る生活が待ち受けています。

 個人事業主といっても同年代の会社員を少し上回る程度の年収のコケコッコ太郎さんの年金受給見込額は月に約20万円ですから、どんな錬金術をしてきたのでしょうか。基本となるセオリーから紹介してもらいましょう。

セオリー1:金持ちの定義は「収入>支出」

「老後2000万円問題」が世間を騒がせましたが、その一方で数千万円の資産を保有しても「お金は貯まっていない、不安でたまらない」という人もいます。「お金持ちの定義って、なんだろう」「いくらの資産を貯めれば、お金持ちというのだろう」と思っている方もいらっしゃると思います。

 私が考える「金持ち」の定義は、すごくシンプルです。あまりにも当たり前すぎることですが、「毎月の収入>毎月の支出」という状態が続くことです。ストック(残高)よりもフロー(増減額)重視です。

 1億円以上貯めた人は金持ちには違いありませんが、仮に毎年1000万円ずつ支出したら10年で底をつきます。300万円の収入でも支出が200万円なら100万円貯金ができます。そう考えると、私はささやかでも平凡な暮らしを大切にしたいと思いました。資産づくりのために多くの時間を費やしたり、大変な思いをするのは性に合っていないんですよ。無理をせず、地道にやってきただけです。

セオリー2:固定費の預金をする

 私が「3・4・5・6預金」と呼んでいた独自の預金方法があります。これは、毎月3000円、4000円、5000円、6000円の定期預金に加入し、口座振替で貯めていく方法です。例えば、固定資産税は1年に一度、車検は2年に一度というように、何年後にいくら支払うかが明確にわかっている固定費があります。

 固定費は預金から支払えばいいと思っていても、“その時”の経済状態はまったく不明です。そこで考えたのが、固定費を個別に預金することでした。上記の金額別になったのは、たまたまです。

 例えば、1年後に固定資産税を3万6000円支払うなら、12で割れば月々の積み立て額が3000円と割り出せます。車検が2年後に10万円なら、毎月4000円ずつ積み立てておけばいいと考えて、毎月4000円ずつ2年間積み立てるといった具合に、固定費分の数だけ預金口座を持ちました。

 PCをはじめとする家電製品以外に、マイホームをお持ちの方はお風呂やガス釜やトイレのリフォーム代も30万円から50万円と高額ですので、利率は低いながらも、口座振替の定期預金にして、少しづつ貯めておくといいと思います。

 仮に予想を超える大きな出費があり、解約しなければいけない状態になっても、必要な額だけの預金口座を解約すればいいという利便性からも固定費の口数預金はお勧めです。

セオリー3:ニワトリは全部食べない

 セオリー1にリンクすることですが、「収入>支出」を金持ちの原則とすれば、残りは貯金となります。では、貯金をいくらすればいいのかと悩むものです。

 貯金ぐせをつけるには、最初から貯金額を引いて、その額で生活することです。私の場合、セオリー2でお伝えした固定費預金をしていましたが、それだけでは不意の出費に備えることができません。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合