NEW
湯之上隆「電機・半導体業界こぼれ話」

米WDによるキオクシア買収は、メリットは非常に大きいが、実現しないと考えられる根拠

文=湯之上隆/微細加工研究所所長
米WDによるキオクシア買収は、メリットは非常に大きいが、実現しないと考えられる根拠の画像1
「キオクシア HP」より

キオクシアとウエスタンデジタル(WD)の経営統合

 日本経済新聞が8月29日、「キオクシア・WD統合交渉」のニュースを朝刊の第1面で報じた。見出しには「統合」と書かれているが、これは実質的に米ウエスタンデジタル(WD)によるキオクシアの買収である。そして、その買収価格は200億ドル(約2.2兆円)であると他誌(例えばThe Wall Street Journal)は報じている。

 キオクシアとWDは共同で、四日市工場においてNAND型フラッシュメモリ(以下NAND)を製造しており、この買収にほとんど違和感はない。しかし、この買収が実現するとも思えない。

 本稿では、まず、この買収によりNANDおよびNANDを基幹部品とするSSDのシェアがどうなるかを示す。次に、この買収が成立した場合、キオクシアとWDには、それぞれ、どのようなメリット・デメリットがあるかを論じる。その上で、この買収を中国の司法当局が認めないであろう推論を述べる。

NANDの売上高シェアはどうなるか

 図1に、四半期ごとのNANDの企業別売上高シェアの推移を示す。2021年第1四半期(Q1)時点で、1位サムスン電子(33.5%)、2位キオクシア(18.7%)、3位WD(14.7%)、5位マイクロンとSKハイニックス(12.3%)、7位インテル(11.1%)となっている。その他(2.1%)のほとんどが、中国紫光集団傘下の長江ストレージ(YMTC)が占めていると推定している。

米WDによるキオクシア買収は、メリットは非常に大きいが、実現しないと考えられる根拠の画像2

 上記の企業のなかでは、2020年10月20日にSKハイニックスがインテルのNAND事業(中国の大連工場)を90億ドル(約9,500億円)で買収することで合意している。現在は買収完了を目指して、世界9カ所での司法当局の認可を進めている段階である。今のところ、この買収について大きな支障は起きていない。

 その上で、WDによるキオクシアの買収が成立したら、NANDの売上高シェアは、どうなるかを図2に示す。SKハイニックスとインテルの連合のシェアは23.4%となり、2位キオクシアと3位WDを上回るが、WDによるキオクシアの買収が成立すると、合計シェアは33.4%となり、1位のサムスン電子(33.5%)にほぼ並ぶことになる。

米WDによるキオクシア買収は、メリットは非常に大きいが、実現しないと考えられる根拠の画像3

 要するに、WD・キオクシア連合のシェアは、1位のサムスン電子と互角になるということだ。これについては、以前からWDとキオクシアのシェアを合計すると、だいたいサムスン電子と同じくらいになっていたので、あまり驚きはない。

付加価値の高いSSDビジネス

 NANDのビジネスとしては、NANDの単品売りよりもSSDのほうが断然付加価値が高い。いまやPCやサーバーにとって欠かせない記憶装置となったSSDには、NANDはもちろんのこと、キャッシュメモリとしてDRAM、そしてこれらの動作を制御するSSDコントローラというロジック半導体が搭載されている(図3)。このなかで、SSDの性能を大きく左右するのは、SSDコントローラであり、極論を言うと、NANDはどこのメモリメーカーのものを使ってもあまり変わらない。

米WDによるキオクシア買収は、メリットは非常に大きいが、実現しないと考えられる根拠の画像4

 ここで、メモリメーカー各社のポートフォリオを整理してみよう(図4)。NANDのシェア1位のサムスン電子は、SSDに必要なすべての半導体を自前で用意することができる。メモリメーカーのチャンピオンとして、NANDもDRAMも自給できる上に、SSDコントローラを自前で設計し、自身のファンドリーで先端プロセスを使って製造することができる。

米WDによるキオクシア買収は、メリットは非常に大きいが、実現しないと考えられる根拠の画像5

 一方、WD・キオクシアの連合は、NANDしか製造できない。DRAMは他社から調達する必要がある。また、SSDコントローラにおいては、WDが高い設計能力を持っているが、製造はTSMCに委託している。キオクシアに至っては、SSDコントローラの設計すら外注している。つまり、WD・キオクシアの連合にはDRAMがなく、SSDコントローラを製造する能力がない。

 では、SKハイニックス・インテルの連合はどうだろうか。SKハイニックスはDRAMの世界シェア第2位(29%)のメモリメーカーである。インテルはCPUの世界シェア1位であるが、これはSKハイニックスの買収の対象には入っていない。そして、SKハイニックスもインテルも、SSDコントローラの設計を外注しており、製造はTSMCに委託している。したがって、SKハイニックス・インテルの連合がSSDのために調達できるのは、NANDとDRAMであり、肝心要のSSDコントローラは設計も製造もできない。

 この事情はDRAMの世界シェア3位(23.1%)のマイクロンも同じである。マイクロンは、NANDとDRAMを自前で製造できるが、SSDコントローラの設計を外注し、製造はTSMCに委託している。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合