NEW

町田・小学校いじめ自殺:隠蔽疑惑報道の元校長、東京都下の教育長に栄転…取材を拒否

文・構成=編集部
【この記事のキーワード】, ,
町田・小学校いじめ自殺:隠蔽疑惑報道の元校長、東京都下の教育長に栄転…取材を拒否の画像1
「Getty images」より

 結局、何が起こったのか。「PRESIDENT Online」が15日に公開を開始した連載記事『【告発スクープ】小6女子をいじめ自殺に追い込んだ「一人一台端末」の恐怖』は、現場となった小学校を抱える東京都町田市をはじめ、日本全国に大きな衝撃を与えた。当編集部は、報道はどこまでが事実なのか、いじめの舞台となった小学校の元校長や同市教育委員会の関係者に、当時どのような対応をしていたのかについて改めて取材を試みた。

政府「GIGAスクール構想」中心人物の小学校で起きた惨事

「PRESIDENT」の同連載は次のような書き出しで始まっている。一部引用する。

「子供たちに『一人一台端末』を配る国の『GIGAスクール構想』の被害者が出た。昨年、全国に先駆けて端末を配った東京都町田市のICT推進校で、小6の女の子がいじめを苦に自殺したのだ。配布端末のIDは出席番号、パスワードは全員「123456789」で、なりすまし被害が横行していた。当時の校長は、20年以上前からICTを学校教育に取り入れてきた先駆者で、GIGAスクール構想の旗振り役として知られる人物だった――」

 萩生田光一文部科学相らが強力に推進している学校の一大ICT化事業が「GIGAスクール構想」だ。児童生徒1人に1台ずつ端末を配布し、授業や課外学習、コロナ禍での在宅学習など多様な場面でタブレットを使った教育を行うというもので、今回、女児が亡くなった学校は「町田発未来型教育モデル校」に選定されていた。

 連載では、その立役者である同校校長のA氏の人物像を次のように記している。

「現在のGIGAスクール構想につながる『学校教育の情報化に関する懇談会』(2010年~2013年、座長・安西祐一郎氏)に第一回から参加。ほかにも文科省の『教育の情報化に関する手引』作成委員(2009年)、『学びのイノベーション推進協議会』委員(2011~2014年)を務めるなど、日本のICT教育推進の旗振り役として知られている」

 政府政策に関与するICT教育の第1人者であるA氏だったが、「子供の自主性に任せて、失敗のなかで学ばせる」方針を取ったためか、実際の現場は混乱していたようだ。パスワードが全端末共有で、容易に成りすましが可能であったり、使い方を規制しなかったため、児童らが授業中に配布タブレットで暴力動画の閲覧やゲームを楽しんだりする状況が生まれてしまったという。

 そうした混乱の中で、昨年11月30日、チャットで悪口を書かれた同小6年の女子児童が自ら命を絶ったのだという。ところが、学校はここから不可解な対応を取り始めたようだ。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合