NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

小室圭さん、不合格も想定し結婚急いだ可能性…自己顕示欲と無自覚型ナルシシスト

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
小室圭さん、不合格も想定し結婚急いだ可能性…自己顕示欲と無自覚型ナルシシストの画像1
宮内庁のHPより

 米ニューヨーク州の弁護士試験の合格者一覧が10月29日に発表された。だが、秋篠宮ご夫妻の長女眞子さんと結婚した小室圭さんの名前は、目を皿のようにして探しても、見当たらなかった( https://www.nybarexam.org/EXJ21/KL210.html )。

 ニューヨーク州の司法試験委員会は資料で合格者人数を5791人と公表しているが、合格者リストには5785人分の名前しか掲載されていない。そのため、リストに載っていない合格者に小室さんが入っている可能性も取りざたされている。

 もっとも、合格したにもかかわらず、リストに載っていないのは一体なぜなのかと疑問を抱かずにはいられない。もしかしたら、合否線上スレスレとか、試験中の不正が発覚したとかで、合格させるべきかどうかについて司法試験委員会でもめているのではないかと勘繰りたくなる。

 少なくとも、本日(10月30日)の時点で、小室さんの名前が合格者リストに掲載されていないのは事実であり、不合格だった可能性も否定できない。にもかかわらず、小室さんは結婚前の10月18日、赤坂東邸を訪れ、秋篠宮ご夫妻と面会した際、今後の生活基盤について詳しく説明を求められ、司法試験の出来栄えについても聞かれて、「大丈夫です」と答えたと一部で報じられているが、もしそれが事実であれば、そう言い切れたのは一体なぜなのか。

 2つの場合に分けて、この疑問の答えを探っていきたい。1つは、小室さんが不合格の可能性もあることを想定していた場合、もう1つは、小室さんが自身の合格を確信しており、不合格になるなどとは夢にも思っていなかった場合である。

 まず、前者の場合、眞子さんと結婚するには生活基盤をきちんと整えるよう秋篠宮さまから要請されていたということなので、たとえ小室さんが不合格の可能性を想定していたとしても、口にはできなかっただろう。国民からの批判の声が高まる中で結婚を強行するには、弁護士の資格を取得できるかのようにふるまうしかなかったはずだ。

 そう考えると、これほど結婚を急いだ理由もうなずける。眞子さんの「30歳になるまでに結婚したい」という願望があったから、急いだという説もあったが、実際に2人が結婚なさった10月26日には、眞子さんはすでに30歳の誕生日を迎えておられた。だから、小室さんが弁護士資格を無事に取得して、法律事務所の仕事に慣れるまで待ってから、結婚するという選択肢もあったはずなのに、そうせずに急いで入籍したのは、合否発表後だと不合格とわかってしまい、結婚に反対する声がさらに高まるだろうと予想できたからではないか。

 また、小室さんが秋篠宮さまに「大丈夫です」と答えたとすれば、その背景には「実際あるより以上によく見えるように」という願望があったと考えられる。こうした願望が人一倍強く、「あらゆる種類の詐欺並びに欺瞞が問題となる」タイプを、ドイツの精神科医クルト・シュナイダーは、その著書『精神病質人格』で「自己顕示欲型」と呼んだ。

 ちなみに、シュナイダーは「精神病質人格」を「その人格の異常性に自ら悩むか、またはその異常性のために社会が悩む異常人格」と定義しており、その10類型のうちの1つが「自己顕示欲型」である。小室さん本人が悩んでいるようには見えないが、彼のことで日本社会は悩んでいる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合