NEW
夢を掴め、強く生きろ! 解決・沖田塾

原作者が語るドラマ『ムショぼけ』の新たなる展開、ローカルドラマから全国制覇へ

文=沖田臥竜/作家
【この記事のキーワード】, ,
原作者が語るドラマ『ムショぼけ』の新たなる展開、ローカルドラマから全国制覇への画像1
ドラマ『ムショぼけ』公式サイトより

 すまん。今回は宣伝をさせてくれ(笑)。

 現在、小説『ムショぼけ』(小学館)がAmazonでは売り切れ入荷待ち状態となり、ドラマ『ムショぼけ』も好評につき、第1話~第4話までノーカットでのプレイバック放送(朝日放送/11月12日、25時59分~27時50分)が決定した。まさに関西ローカルからムショぼけタイフーンが巻き起ころうとしているのだ。今の時代、ネット配信で全国どこにいても、ドラマ『ムショぼけ』は観られる。今から見始めても間違いなく面白い。まだの人は、ぜひチェックしてほしい。

 今から20年前。初めて書いた小説のタイトルが「ムショぼけ」で、そこから、思えば遠くにきたものである。その時から「意地でも、自分の本を出してやる!」という、いつ叶うかわからぬ夢を抱きつつ執筆活動を続けてきた。もちろん、書くのが辛くて苦しい時もあったが、そんな時はいつも、自分が書いた小説が映像化され、それを見た人たちが涙を流しているシーンを想像し、自らを震え立たせてきた。そして、最終目標に掲げたのが、先日、東京スポーツの記事でも取り上げられた、芥川賞を獲るということだったのだ。

 ただ、実際に芥川賞を獲れるかどうかは問題ではない。自分の目標を世間に対してはっきりと宣言できるところまでは来たというところに、私としては大きな意味があるのだ。

 だってそうではないか。賞とか成績とかに背を向け、極道の道を歩んできたのが私の人生だったのだ。今さらそれをあらためて、かしこまるつもりはない。

 ただ、塀の中の3畳一間の薄暗い剥き出し便器が置かれた環境で「ムショぼけ」という小説を書いた時は、目を凝らしてもまったく見えなかった光が、今ははっきりと見えるようにはなってきている。それには、自分もよく頑張ったなと思うところもあれば、本心から望んだり納得できたりといったことばかりではない。それが良くも悪くも社会というものなのだろう。好きなことだけして暮らしていけるほど、世の中は甘くはない。特に仕事に対しては誰しもがそうではないだろうか。それでも食べていける、暮らしていける、そこに本来の意味があるのだ。

 書き手とは、いわば裏方。書いた作品こそが表舞台で輝くべきなのだ。とにかく私は人前に出るのが大嫌いだ。ただし、そんな私の本心なんてどうでもよいというのを私自身が誰よりも理解している。やりたいとかやりたくない、できる、できないなんてどうでもよくて、私が書いた「ムショぼけ」という舞台で、チャンスを掴みとりたいのだ。だから、自ら雑誌や新聞の取材を積極的に受けて、語りたくない自分の過去を語り、一人でも多くの人にドラマ『ムショぼけ』を見てもらおうと必死にやっている。

 ここでがむしゃらにやらずして、どこでがむしゃらになるのだ。20年分の情熱を、世の中にぶつけてやろうと考えている。ロマンもドラマも、今は美しくなくて良いのだ。泥くさくやらなければ、それらは生まれてこない。振り返ったときに、経過した時がロマンもドラマを美化してくれるのである。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合