NEW

「男の子は黒、女の子は赤」はもう古い?少子化でも拡大する令和のランドセル事情

文=安倍川モチ子/フリーライター
【この記事のキーワード】,
土屋鞄製造所の神田オフィスに展示されているランドセル
土屋鞄製造所の神田オフィスに展示されているランドセル

 少子化が進む中、ランドセル市場は拡大傾向にある。ランドセル工業会の調査では、2009年から19年で価格が約1.5倍増、ニッセイ基礎研究所の推計では、08年からの10年で市場規模が約3割も拡大しているという。

 その背景として考えられるのが、親と祖父母が孫のために資金を出す「6ポケット(財布)」の一般化だ。「6年間も使う物だから、いい物を使ってほしい」という願いから、素材やつくりにこだわった高級路線の工房系ランドセルの人気が高まっている。

 こういった流れを受けて、数年前から「ラン活」という言葉も誕生。人気のカラーやシリーズは早々に完売することもあり、販売開始時期は徐々に早まっている。

男の子も使える、土屋鞄の「かっこいい赤」

 1965年創業の革製品ブランド「土屋鞄製造所」では、10月から23年度入学用ランドセルのカタログ予約を開始した。販売開始は22年3月上旬の予定だ。

 近年、ランドセルも多様化が進み、「男の子は黒、女の子は赤」というかつての常識を覆すように、カラーバリエーションも実に豊富になっている。加えて、ステッチや刺繍も含めたデザイン面にこだわったランドセルも少なくない。

 ランドセルづくりから始まった土屋鞄製造所では13年頃からバリエーションを増やし、現在、カラーは約50色、モデルは60種類前後になるという。特に人気が高いのが、21年から登場した「RECO(レコ)」シリーズ。「認める、認識する」といった意味の「Recognize(レコガナイズ)」に由来するシリーズで、性別の枠にとらわれないカラーを目指して開発された。

モダンなベーシックカラーの5種類をラインナップしたRECOシリーズ(21年度)
モダンなベーシックカラーの5種類をラインナップしたRECOシリーズ(21年度)

 広報の高橋夏生さんは、「男の子も女の子も使える『ブラック』は早々に完売しました。また、男の子も使えるかっこいい赤を目指した『ディープレッド』も人気です」と語る。

 働く車や戦隊シリーズには赤が使われていることが多く、男の子が好きなカラーに赤が挙げられることが多いという。また、女の子でもブルー系やダークトーンなどのシックなカラーを好む子もいる。

 子どもたちが自分の好きなカラーを自由に選ぶ経験は、自分らしさや価値観などの形成に関わる。そんな考えのもと、土屋鞄製造所は多様な選択肢を示すことで、子どもたちのランドセル選びを後押ししているのだ。

広報の高橋夏生さん。手に持つのはRECOシリーズのディープレッド
広報の高橋夏生さん。手に持つのはRECOシリーズのディープレッド

6年間の思い出を残すリメイクサービスも

 人気のRECOシリーズは、カラー・デザイン性・機能性がいずれも優れている点が特徴だ。シンプルだけど丈夫で美しい佇まいを意識して設計されているため、大人が見とれてしまうほどデザイン性が高い。そのため、たとえばリビングなどに置いていても違和感のない“ひとつの革製品”となっている。

 機能面でいうと、防水機能を施した牛革を使用し、雨の日でも安心して使える(雨カバー付き)上に、日々のお手入れは不要。動きに合わせて背中にフィットする立ち上がり背カンを採用することで、体の負荷を軽減している。また、A4フラットファイル対応で収納力に優れている点も見逃せない。

 素材は、一番傷の目立ちにくい「牛革」、“革のダイヤモンド”と呼ばれるツヤが魅力の「コードバン」、軽くて丈夫な人工皮革の「クラリーノ・エフ」がある。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合