NEW
住宅ジャーナリスト・山下和之の目

不動産会社別マンション値上がり率ランキング…資産価値を左右する最大要因は?

文=山下和之/住宅ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
マンション値上がり率ランキング
「Getty Images」より

 マンションの購入・売却検討者27万人の会員を有するポータルサイト「住まいサーフィン」を運営するスタイルアクトでは、毎年「売主別中古マンション値上がり率ランキング」をまとめて公表しています。それによると、関東圏では日鉄興和不動産の「リビオ」マンションがトップで、関西圏では阪急阪神不動産の「ジオ」シリーズが1位になりました。

分譲時からの値上がり率を経過年数で割る

 この調査は2008年に竣工した新築分譲マンションを対象にしています。各住戸の新築分譲時の価格に対して、2020年10月から2021年6月までの間に中古マンションとして売り出された価格の値上がり率を算出、それを2021年10月までの経過年数で割ることによって、年間当たりの上昇率を計算しています。計算式は次のようになります。

・中古売出し価格÷新築分譲時価格÷経過年数

 たとえば、分譲時の価格が5000万円、中古売出し価格が6000万円で、経過年数が8年とすれば、6000万円÷5000万円=1.20で、8年間の上昇率は20%ですから、それを8年で割ると年当たり2.5%ということになります。関東圏では年間20棟以上、関西圏では年間15棟以上の分譲を行った不動産会社を対象にしています。その条件を満たす分譲会社のうち、上位10社のランキングを公表しています。

立地を重視する不動産会社が上位にあがる

 いうまでないことですが、どうせマンションを買うのであれば、将来より高く売れる可能性のある、資産価値の高い物件を手に入れたいものです。

 その場合、何よりも大切なのが立地です。マンションの資産価値の80%程度は立地によって決まるといっても過言ではありません。いかに、建物のデザインや設備・仕様などにこだわっても、立地のいいマンションにはかないません。

 ですから、値上がり率ランキングにおいても、値上がりしそうな好立地の場所を選んで分譲している不動産会社が上位に上がることになります。いってみれば、マンションの善し悪しということではなく、立地の善し悪しで決まるということです。ですから、ランキングの上位にあがっている分譲会社のマンションだからといって、必ずしも住みやすいマンションとは限りません。主に立地の善し悪しで決まる値上がり率のランキングにすぎないので、念のために。

関東圏の1位の「リビオ」は年率3.51%アップ

 ともあれ、ランキングを紹介しましょう。関東圏のベスト10は図表1にある通りです。

 トップは「リビオ」シリーズマンションの日鉄興和不動産で、1年当たりの値上がり率は3.51%でした。ただし、他の大手不動産に比べると物件数は少なく、対象となったのは31棟で、この1年間の取引事例は368件です。

 逆にいえば、それだけ資産価値の上昇が期待できる立地に絞り込んで分譲を行っているということがいえます。ランキングをまとめたスタイルアクトでも、リリースのなかで次のように評価しています。

「(日鉄興和不動産は)都市型のライフスタイルを意識したマンションを供給しています。首都圏を中心に土地を厳選し、富裕層や単身者・ファミリー層など幅広いターゲットの多様なニーズに合った商品を企画することで、物件に対する品質評価と立地の希少性の双方が中古市場でも高く評価され、関東圏において6年連続で値上がり率1位となりました」

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合