NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

サンタもキリストも関係ない「ジングルベル」、なぜクリスマスソングの定番に?

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】, ,
キリストに関係ないのに、なぜクリスマスのイメージに
サンタクロースのイメージは世界で異なる?(「Getty Images」より)

 早いもので、今年ももう12月半ばとなりました。繁華街やご家庭にもクリスマスツリーが飾られ、子供たちや恋人に何をプレゼントしようかと悩む時期ではないでしょうか。そんなクリスマスの音楽といえば、真っ先に浮かぶのは「ジングルベル」と「きよしこの夜」でしょう。特に「ジングルベル」は鈴が派手に鳴り響く楽しい曲なので、クリスマスコンサートの定番曲です。

 しかし、この「ジングルベル」は、クリスマスソングにもかかわらず、誕生日を迎えたイエス・キリストのみならず、クリスマスや聖夜の一言も歌詞にはありません。トナカイに引かれた馬車に乗り、鈴を鳴らしながら子供たちがいる家にやってくるサンタクロースを、なんとなくイメージしながら、なんとなくクリスマスソングとして受け入れてきた曲なのです。

 アメリカのクリスマスの音楽といえば、必ずと言っていいほど鈴の音が鳴り響きますが、この「ジングルベル」が、そのルーツのひとつかもしれません。今もなお、クリスマスに盛んに流れる、マライア・キャリーのクリスマスソング『All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)』 は、英語の歌詞の意味がわからなくても、サビの部分で鳴らされる鈴の音でクリスマスソングなのだとわかります。

 余談ですが、この鈴の本来の役割は、馬に引かせたそりが接近しているのを、歩行者に知らせるためでした。特に、大雨や吹雪の中を歩行者が歩いていると、背後からそりが滑ってくる音など聞こえないので、事故も多かったのでしょう。そこで、馬に鈴を付けて接近を伝えていたのです。ちなみに、この馬鈴は、昔は北海道の馬ぞりでも使われていました。クリスマスは(北半球では)冬ですから、サンタクロースもソリを引くトナカイに鈴を付けてやってきます。サンタクロースも歩行者をひきたくはないでしょう。

 ところで、「ジングルベル」の英語の歌詞の本当の内容は、お目当ての彼女を横に乗せて、デートを楽しむ話です。まだ馬ぞりの扱いに不慣れな若者が、彼女を乗せているにもかかわらず土手に乗り上げてしまい、そりをひっくり返してしまうだけでなく、ちょうどそりで通りかかった大人の男性に笑われてしまいます。若者にとっては絶体絶命の状況ですが、その後なんとか再び憧れの彼女をそりに乗せて、上機嫌で「ジングルベル」を歌いながら、友人とそり競争をするといった内容です。サンタクロースもイエス・キリストも関係ありません。しかも、鈴はトナカイではなく馬につけられています。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合