NEW
梅原淳「たかが鉄道、されど鉄道」

鉄道会社にとって悩ましい非常用ドアコック問題…危険性が解消されない意外な理由

文=梅原淳/鉄道ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
電車の非常用ドアコック問題
東海道・山陽新幹線を走るN700Sの扉横に取り付けられた非常用ドアコック。非常時にはふたを開けて中のレバーを上に回すと扉は手で開けられる。なお、非常用ドアコックの左に付いているのは非常時に乗務員と通話可能な緊急通報装置だ (2019年10月30日の報道関係者向け試乗会にて筆者撮影)

 ハロウィーンの晩に京王電鉄京王線の特急列車の車内で起きた刺傷事件は人々に大きな不安を与えた。もう食傷気味というほど取り上げられてきたとはいえ、いま一度あらましを簡潔に紹介しておこう。

 2021年10月31日の19時55分ごろ、調布駅を出発したばかりの新宿駅行きの特急列車の車内で若い男が刃物で他の乗客に切りつけ、携えていたライターオイルで車内に火をつけたという事件である。昨年鉄道で起きた出来事のなかではもちろん、国内全体で起きた事件のなかでも重大ニュースの一つに入るであろう。

 この事件では容疑者が人を刺したことよりも、車内に放火したよりもさらに人々に衝撃を与える出来事が発生した。特急列車は国領(こくりょう)駅に緊急停止したものの、すぐに扉が開かなかったため、大勢の乗客は窓からホームへと脱出したのだ。その一部始終は複数の乗客のスマートフォンで撮影された動画に収められ、テレビで繰り返し放映された。この動画の存在によって、今回の事件はこれだけ大きなものとなったのだといってよい。

 国領駅に到着した特急列車は、本来の停止位置よりも約2m手前に停止した。それでも車掌が車両の扉を開けていれば、今回のような混乱は生じなかったであろう。ところが、この駅にはホームドアが設置されていて、特急列車の扉とは位置がずれていた。運転士はもう少し前進させようと試み、車掌は所定の停止位置に止まったらまずは手動でホームドアを開け、続いて車両の扉を開けるつもりでいたが、肝心の車両が再発進してくれない。乗客が非常用ドアコックを操作して扉を開けたため、安全装置が働いて車両が動かなくなったのだ。

 今回の事件では、運転士や車掌といった乗務員の不手際、それから鉄道側に顕著に見られる傾向として非常用ドアコックを操作した乗客をそれぞれ非難する向きが見られる。筆者としては、どちらもやむを得なかったとしか言いようがない。ホームドアと大きくずれて停車したときに無理に車両の扉を開けたとすれば、避難しようと殺到した乗客が将棋倒しになる可能性があった。一方で、特急列車が駅に停車したのにすぐに車両の扉が開かないというのは、乗客にとって絶望的な状況としかいいようがない。非常用ドアコックを操作したことを責めては気の毒だ。

 筆者を含めて外野の人間は結果を知っているから何とでも言えるが、先がわからない状況では一歩間違えれば即生命を失う危険があった。今回のような事件が発生したとき、運転士は異常事態ボタンを押すだけで、列車が最寄りの駅の所定の位置に自動的に停止し、ホームドアももちろん自動的に開いて避難誘導をスムーズに行えるシステムを導入すれば解決する。

非常用ドアコックとは?

 さて、今回取り上げたいのは非常用ドアコックだ。自動的に開閉する扉をもつ大多数の鉄道車両に付いていて、閉まっている扉を手動で開けられるようにロックを解除する装置を指す。車内、車外のどちらにもあり、車内のものは多くは扉ごとに用意されていて、扉寄りの腰掛の下、それから扉の上の壁、扉横の壁に付いているケースがほとんどだ。

 非常用ドアコックは、文字どおり車内から車外へと避難しなければならないときに備えて用意された。加えて、扉を開け閉めするための戸閉め装置が故障したときなどにも使用する。国の基準では原則として自動的に開閉する扉を備えた鉄道車両には設置しなければならない。例外として、走行用レールの隣に電気が流れているとか、地下トンネルと車両との間隔が40cm未満の区間ばかりを走る地下鉄、それから駅以外では扉を開けても外に出られないモノレール、車体が浮き上がって走行するリニアモーターカーには非常用ドアコックを付けなくてもよい決まりとなっている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合