NEW

松本人志、オミクロン株は怖くない発言、上昌広医師「概ね賛成」…間違っている点も

文=編集部、協力=上昌広/血液内科医、医療ガバナンス研究所理事長
【この記事のキーワード】, ,
松本人志
松本人志

 タレントの松本人志(ダウンタウン)が16日放送の情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で「オミクロンは正直怖いと思っていなくて」と発言し、議論を呼んでいる。

 全国的に新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への感染者拡大が続くなか、政府は19日、東京など1都12県に「まん延防止等重点措置」を適用することを正式に決定(適用期間は21日~2月13日)。すでに重点措置適用地域である沖縄、山口、広島の3県を含め、16都県に適用されることになる。

 20日には東京都の一日当たりの新規感染者が過去最多となる8638人に上り、都は20日に開いたモニタリング会議で感染状況について4段階で最高位の「大規模な感染拡大が継続している」とするなど、警戒が広まっている。

 そうしたなか、松本は『ワイドナショー』内で次のように発言し、さまざまな意見が寄せられている。

「僕は2カ月近く前に、『オミクロンは正直怖いと思っていなくて、緊急事態宣言になることが怖い』という話をしたと思うんですけど、基本的に変わっていない。悪いシナリオにどんどん行ってしまっているなと思う」

「岸田(文雄首相)さんとか小池(百合子東京都知事)さんも立場がおありですから、緩いことを言えないのはわかるんですけど、正直、高齢の方、基礎疾患がある方、理由があってワクチン打てない方を守ることだけ考えれば、それ以外の人たちは『集団免疫つくる』くらいの気持ちで大丈夫だと思っています」

「(コロナワクチンの3回目接種について)別にこれ、オミクロン用のワクチンじゃないですから。副反応のほうがオミクロンよりきついと思うんですよ。3回目のワクチン打とうって前向きな人って、どれくらいいるのかなって」

 オミクロン株をめぐっては以前から、感染力は高い一方で重症化リスクは高くないという指摘も識者から出ていたが、今回の松本の発言をどうとらえるべきなのか。血液内科医で元東京大学医科学研究所特任教授の特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長、上昌広氏に解説してもらった。

上氏の解説

 松本さんのオミクロン株に対する発言が話題になっている。医学的な観点からみて、部分的には間違いもあるが、私は概ね、彼の意見に賛成だ。

 まずは、「オミクロンは正直怖いと思っていなくて、緊急事態宣言になることが怖い」という発言だ。私も同じ意見である。図1をご覧いただきたい。

松本人志、オミクロン株は怖くない発言、上昌広医師「概ね賛成」…間違っている点もの画像2
図1

 経済協力開発機構(OECD)加盟国38カ国の1月17日の感染者数(人口100万人あたり、1週間平均)を示す。日本の感染者は149人で、ニュージーランド(12人)、韓国(82人)に次いで少ない。もっとも多いイスラエル(4,444人)の30分の1、英(1,447人)、米(2,104人)と比べても、10分の1、14分の1だ。このような国では、日本のような厳格な措置は実施されていない。12月27日に米バイデン大統領は「備えはできている。学校と経済は動かし続ける」と、1月4日に英ジョンソン大統領は「学校と企業活動を継続させ、コロナと共に生きていく方法を見いだす」とそれぞれ発言している。

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合