NEW

青汁王子、新潮社に勝訴…YouTube活動の裏側、格闘技挑戦のワケを激白

構成=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
青汁王子、新潮社に勝訴
三崎優太氏

 青汁王子こと実業家の三崎優太氏が、「週刊新潮」などの記事によって名誉を棄損されたとして新潮社を相手に訴訟を起こしていた件で3月25日、東京地裁は新潮社に対し、三崎氏へ220万円の支払いを命じる判決を出した。実質的に三崎氏の全面勝訴である。

 訴訟の経緯や最近の三崎氏の活動について、本人に話を聞いた。

――まず、訴訟の経緯についてお聞かせください。

三崎優太氏(以下、三崎) 2020年9月頃に書かれた記事が発端です。私が反社会勢力とつながりがあり、ライバル企業に対して街宣車などを送ったとする記事が「週刊新潮」および「デイリー新潮」に掲載されました。同様の記事は「日刊ゲンダイDIGITAL」にも掲載されました。

 すぐに訴訟を提起して、記事の内容が事実無根であることが確認され、新潮社に3月25日に220万円の賠償金の支払い命令が出されました。

――記事の内容がまったく事実無根だったのですか?

三崎 私が反社会勢力とつながりがある、ライバル企業に対して街宣車を送ったという2点について「事実とは認められない」と認定され、もう1点、私がなりすましによってスパムメールを送ったとする記事内容については、そもそも何も証拠がないと判断されました。

 また新潮社は、記事掲載前に私に問い合わせはありましたが、ライバル企業や街宣車を出したという右翼団体には取材すらしていなかったことも明らかになりました。

 ちなみに、私側の弁護士が右翼団体に問い合わせたところ、「特に誰かから頼まれたわけではなく、自分たちの大義のために行った」との回答があり、その証言も裁判で採用されました。

――とりあえず新潮社との裁判は1審が終わりましたが、ゲンダイとも係争中ですか?

三崎 はい。新潮社と同じ案件で、ゲンダイとも裁判を行っています。ゲンダイは僕に対して取材すら行わずに記事にしているので、新潮社より悪質だと考えています。おそらく勝訴できるでしょう。

――裁判での争い以外にも、最近は格闘技での激しい打ち合いが話題になりました。今も顔の周りが痛々しいですが、格闘技は今後も続けるのでしょうか。

三崎 そもそも格闘技を始めたのは、自分の名誉を回復するためでした。事実無根な記事やネット上での誹謗中傷などを受け、応援してくれている人たちに申し訳ない気持ちになり、自分自身が発信力をつけようと考えました。時間はかかりましたが、裁判を通して自分が正しかったことが証明されました。

 YouTubeを始めたのも、発信力をつけるためです。裁判前とは比べ物にならないくらい発信力がつき、自分次第で状況は変えられるのだと実感しました。さらに、今年はYouTubeのチャンネル登録者数100万人を目指しており、その一環として格闘技にもチャレンジしました。

 格闘技では、眼窩底骨折や鼻骨骨折など大きな代償を負いましたが、それ以上に得たものも大きかったです。「地位やお金もあるのにチャレンジするのはすごい」など、挑戦する姿勢を褒めてくれる声が寄せられ、すごくうれしかったです。ある意味、自分の人生が大きく変わった気がします。今後も何らかのかたちで挑戦は続けたいと思います。

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合