NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

運動、体重を減らすなら朝、血糖値を低下させるなら夕方が効果的…研究結果

文=岡田正彦/新潟大学名誉教授
【この記事のキーワード】, ,
運動、体重を減らすなら朝、血糖値を低下させるなら夕方が効果的…研究結の画像1
「gettyimages」より

 運動をしていますか? 健康のために行う運動は、朝がいいのでしょうか、それとも夕方にしたほうがよいのでしょうか。

 米国で興味深い研究が行われ、その答えがわかりました。肥満体BMI25以上)のボランティア88人を募り、4つのグループに分けて、運動をする時間帯と体重減少との関係を調べる実験が行われたのです【注1】。

 運動の時間帯は、1つ目のグループが朝(7:00~11:59)、2つ目は夕方(15:00~17:00)、3つ目は時間を決めずに自由に、そして4つ目のグループは、いっさい運動をしないことにしました。10カ月後、明らかな違いが認められました。体重が一番減っていたのは午前中に運動をした人たちで、夕方に運動をした人たちの体重減少はわずかだったのです。ただし両者の差は、それほど大きなものではなく5パーセントほどでした。

 ところが、なぜか逆の結論を出した研究も多く、夕方のほうが効果的だとしています。それらの研究結果には共通点があり、夕方の運動で減少するのは体重でなく、血糖値のほうだというのです。太っているからといって、必ずしも血糖値が高いわけではありません。痩せていて血糖値が高い人もいれば、逆に太っていながら血糖値が低い人もいます。したがって、研究結果が一致していなくても不思議はないのですが、それにしても、なぜなのでしょうか。

 実験動物のマウスを使った米国での研究から、その答えもわかってきました【注2】。マウスを回転かごに入れ、1時間ほど走らせたあと、解剖して血液、筋肉、肝臓、脳、白色脂肪、褐色脂肪細胞などから数百に及ぶホルモンや体内物質を抽出しました。さらにいくつかの遺伝子も調べるという本格的なものでした。

 ラットは2つのグループに分け、一方は目覚めたあとすぐに運動させ、他方は眠る直前に運動をさせました。比べる相手は、回転かごをロックして、運動できないように飼育したラットです。わかったことのひとつは、時間にかかわらずラットに運動をさせると、数百に及ぶ体内物質が増えたり減ったりすることです。筋肉、肝臓、脂肪組織などの無数ともいえる物質が、互いに連携し合うかのように、いっせいに反応していました。

 さらに詳しく見ると、ラットが目覚めたすぐあとに運動をさせると、脂肪を燃焼させる一連の物質がシステムとして作動していることがわかりました。一方、眠りに入る前に運動をさせると、糖質を燃焼させるように一連の物質が変化していたのです。

 これらは、あくまで実験動物での話です。人間とは、もちろん同じではありませんが、両者で認められた反応が同じだったことから、朝と夕方の運動効果を考えるヒントになっているのではないか、と著者らは考察しています。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合