NEW

防衛省幹部「岸防衛相が暴走」…ウクライナに防衛装備品供与、国の法解釈が崩れる

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
防衛省幹部「岸防衛相が暴走」…ウクライナに防衛装備品供与、国の法解釈が崩れるの画像1
岸防衛相(防衛省のHPより)

岸信夫防衛相の暴走ぶりが際立っている」――。ある防衛省幹部は、ロシアによるウクライナ侵攻における岸氏の「ウクライナ支持一辺倒」の姿勢についてこう語る。その代表例が4月19日の閣議後記者会見でのドローンと防護マスク、防護衣の供与をめぐるやりとりに現れているという。

「今般、新たにウクライナ政府からの要請があったことを踏まえて、化学兵器等対応用の防護マスク及び防護衣及びドローンをウクライナ政府に提供することといたしました。

Q:先ほどの装備品の供与ですけれども、ドローンに関しては、どこの自衛隊が使っているどういったタイプのものを提供される予定なんでしょうか。

A:今、どういったものを提供するかについては調整中でございます。

Q:念頭にあるものを。ただドローンということだけが決まっていると。

A:はい。

Q:関連しまして、その装備品を送る先というのは、もうどちらの国か決まってらっしゃるんでしょうか。

A: 周辺国ということで、これから輸送手段等についても調整をいたします。

Q:ドローンというのは化学兵器に対して、どういうふうに使うというのかちょっとイメージが分からないんですが。

A:化学兵器と関係ないですから。自衛隊の保有しているドローンを。

Q:何に使うことを念頭において、送るということなんでしょうか。

A:いろいろな用途があると思います。特に化学兵器を念頭にということではありません。

Q:今回装備品にあたらないというのは、どういう理屈で、市販品だからということでよろしいでしょうか。

A:市販品だからあたらないということですね。

Q:装備品の供与に関してなんですけれども、防護マスクの供与というのは、何を通して何を通さないというのは、機微な情報になるのでなかなか供与は難しいという声も省内、政府内にあったと思うんですけれども、そこの懸念についてはどのようにお考えでしょうか。

A:自衛隊が保有している物の不用品を不用途扱いにして供与すると、これまでと同じ形だと思います。現在、精査中でありますけれども、これに使用される技術の機微の観点を踏まえつつ、自衛隊の任務遂行に支障のない限り提供するということになります。

Q:装備品の関連なんですけれども、1点は、先日、ウクライナの国防相との会談があったかと思うんですが、そちらで供与の要請があったというのかどうかというのが1点と、あとは、装備品3つ防護マスク、防護衣、ドローンそれぞれ全てこれは、防衛装備品にあたらないという理解でいいか念のための確認です。

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合