NEW

スタバ、甘いの苦手派に人気のフラペチーノとは?この夏、買うべき5品

文=A4studio
スターバックスの店舗
スターバックスの店舗

 さまざまなコーヒーチェーンの中でも若者を中心に不動の人気を集めている「スターバックス コーヒー」。その歴史は古く、1971年にアメリカのワシントン州シアトルのパイク・プレイス・マーケットに1号店がオープンしたことを起源とする。

 そんなスターバックスのロゴの女性は、ギリシャ神話に登場するサイレンがモチーフ。サイレンは、神話の中で美しい歌声で船乗りを誘惑し、心を奪ったとされる人魚である。その物語になぞらえて、「コーヒーの香りで道行く人々を魅了したい」という思いをロゴマークに託したのだという。

 その思いの通り、日本でも人気のスターバックスは国内に1704店舗(2022年3月末現在)を擁しており、SNSでは新商品や人気商品を絶賛する声も多い。そこで今回は“この夏、買うべきスタバ商品”を5つ選出したので紹介していこう(価格は税込み)。

カフェ アメリカーノ[トールサイズ]/410円

 まず紹介したいのが、エスプレッソにお湯を注いだ「カフェ アメリカーノ」。エスプレッソの苦味が特徴的な商品だが、お湯で薄められているので、ごくごく飲みやすいのも人気の理由だ。

スタバ、甘いの苦手派に人気のフラペチーノとは?この夏、買うべき5品の画像2

 実際に飲んでみると、まずはエスプレッソらしい深煎りの香りを感じる。また、かなり強い苦味を感じるのだが、その一方で後味がすっきりしているので、非常に飲みやすいコーヒーだった。

 SNSでは「飲みやすいから毎朝飲んじゃう」「コーヒーの味が強くて好き」などリピーターの声があふれている。暑くなってくると、苦味が強いコーヒーを飲みたいという人も多いだろう。そんな方は、ぜひこちらを試してみてほしい。

ダーク モカ チップ フラペチーノ/565円

 続いては2020年5月の「スタバ、この春買うべき商品5選!レジ横のキャラメルワッフル、最高の食べ方とは?」でも紹介した「ダーク モカ チップ フラペチーノ」。

スタバ、甘いの苦手派に人気のフラペチーノとは?この夏、買うべき5品の画像3

 コーヒー、ミルク、ダークチョコレートパウダー、チョコレートチップを氷とブレンドした商品で、甘いフラペチーノが多いスターバックスでは珍しい“ほろ苦いフラペチーノ”になっている。

 実際に飲んでみると、コーヒーの味がかなり強く、チョコレートは控えめな甘さ。また、チョコレートチップが入っているのだが、こちらもカカオ成分が多いのか、チョコレートの甘ったるさをほとんど感じさせない。

 SNSでは「ちゃんと甘いのに甘すぎなくて良い」「甘いの苦手だからフラペチーノ無理だけどこれは飲める」など、甘すぎるのが苦手という消費者からも高い支持を得ていることがうかがえる。フラペチーノを飲みたいけど甘ったるいのは避けたいという方は、ぜひ試していただきたい。

スピナッチコーン&ソイパティ イングリッシュマフィン/540円

「スピナッチコーン&ソイパティ イングリッシュマフィン」は、6月1日から開始されたスターバックスサマーシーズン第2弾の新作商品。第1弾の「スターバックス ストロベリー フラペチーノ」(660円・終売)に続き、第2弾では「Yori Dori Midori(ヨリドリミドリ)」をテーマに、主要原材料に植物性の食材を用いた「プラントベース」の商品を展開している。

スタバ、甘いの苦手派に人気のフラペチーノとは?この夏、買うべき5品の画像4

RANKING

11:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合