NEW

元舞妓が京都花街の闇を暴露し炎上!16歳で飲酒、客と混浴…実態は?

【この記事のキーワード】, ,
元舞妓が京都花街の闇を暴露し炎上!16歳で飲酒、客と混浴…実態は?の画像1
京都花街の華やかな世界の裏側とは?(「Getty Images」より)

 Twitterが燃えている。その根源は、元舞妓kiyohaさんによる花街の実態ツイートだ。その内容が、社会全体がコンプライアンス意識の高い令和の時代に生きる私たちにとって、読めば読むほどあまりにも衝撃的かつ非日常的だからだろう。

 曰く「5000万円で貞操を売られそうになった」「16歳での飲酒」「客との混浴強要」といった彼女のツイートは、京都の花街世界が営々と築き上げたブランドや信用を瞬く間に破壊し、実態を知る者たちを震え上がらせている。

 そんな、これまで知られることのなかった京都・花街の世界とはいかなるものか。これまで関西の政財官界に深く食い込んだ取材を行ってきた経済ジャーナリストの秋山謙一郎氏に、今回注目されている京都・花街の実態について聞いた。

――kiyohaさんのツイートがネット上で話題になっています。

秋山氏「読んでびっくりしました。実名というか、顔出しで堂々とお書きになられている。勇気あるというか、ただただすごいの一語です。すでにネットでも語られていることとは思いますが、わざわざあの内容でご本人がウソをつく必要はないので、ご本人の経験の上に立った真実でしょうね。重く受け止めなければなりません」

――今回のkiyohaさんによるツイートをどう思われますか?

秋山氏「ただただ、『あっ、本当にそういう世界があったんだ』というのが、最初(kiyohaさんの)ツイートを拝見しての第一印象というか第一声です」

――仰る「本当にそういう世界があったんだ」とは?

秋山氏「何年か前、若手から中堅くらいの与党国会議員と秘書さんとの取材後の雑談時に、今回ツイッターで広まった『お風呂入り』をはじめ、京都での取材だったこともあり、それら古い花街の習慣について話題に上りました。そういうことが現代でも本当にあったんだと」

――話題の「お風呂入り」のほかには、どんな習慣があるのですか?

秋山氏「あくまでも聞いた話ですが、外出して一緒に食事やショッピング、ドライブなどなどに付き合う『ご飯食べ』、現代のクラブやキャバクラでいうところの『同伴』ですね。あとは『水揚げ』です」

――「水揚げ」とは何ですか?

秋山氏「恐らく、これこそが今回kiyohaさんのツイートで話題となった『5000万円で処女を売る』というものではないでしょうか。私が聞いたのは、舞妓さんの初夜というか初体験の相手をする。その相手をした男性、いわゆる“旦那”ですね。その旦那は『水揚げ旦那』と呼ばれ、以後、その舞妓さん、格が上がって芸妓さんとなってから引退までずっとバックアップをするとか」

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合