NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

「この芸者殺し野郎」とハマコーに罵倒された小泉純一郎…政治家と花街の闇

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】, , ,
小泉純一郎元首相(「gettyimages」より)
小泉純一郎元首相(「gettyimages」より)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 京都の「元舞妓」の女性が「花街の闇」をツイッターで告発したことが話題ですね。

「この世から抹消されるかもしれんけど、これが舞妓の実態。当時16歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた(全力で逃げたけど)。これが本当に伝統文化なのか今一度かんがえていただきたい」

 この衝撃的なツイートは6月26日から始まっていて、所属していた置屋が「5000万円で初めての性行為を売ろうとした」と明かし、「人身売買を国が認めている」と問題提起したのです。神澤は、こういうのは昔の話だと思っていましたから、大変驚きました。

 この一連のツイートに対しては、「やっぱり」「ひどい」という意見だけではなく、「この話はウソだ」という指摘もあり、まだまだ波紋は広がりそうです。

 この事態を受けて、厚生労働省の後藤茂之大臣が記者会見でコメントしていますね。後藤大臣は「個別の事案は答えにくい」とした上で、「芸妓や舞妓の方々が適切な環境の下で、芸妓や舞妓としてご活動いただくことが重要であると考えております」と答えています。

「事実なら問題」「調査する」とかにはならないんですね。でも、ツイッターから大きくなった問題が大臣の公式会見で取り上げられるのは、異例といっていいと思います。

超過酷な少女たちの舞妓生活

 そもそも、「舞妓さん」という存在は京都だけのようで、住むところと食事、お稽古の費用は所属する置屋が持つので、お給料はナシだそうです。舞妓さんなどの伝統を守り、募集や派遣もしている公益財団法人京都伝統伎芸振興財団の公式サイトによると、午前8~10時頃に起床し、1日にフリーの時間は2時間程度。寝るのは午前1時を過ぎることもよくあるそうです。

 今回の騒動で同財団にも取材が殺到しているそうですが、「事実関係は調査中」だそうです。まあ、おそらく来年も再来年も「調査中」な気がします。ちなみに、お休みは月に2回、大きな踊りの会の後に数日、お盆と年末年始に数日程度だそうです。

 白塗りのお化粧に華やかな振袖姿で花街を歩き、宴会に花を添える舞妓は京都の伝統文化でもあり、世界的にも認知されている貴重な観光資源です。訪日客の関心も高いため、京都府と京都市、さらに観光庁とも深い関係にあるそうです。とはいえ、永田町の後輩よりも若い女性たちがそんな生活をさせられているなら、由々しきことです。

 ちなみに、神澤も何度かお座敷で舞妓さんや芸妓さんとご一緒させていただいたことがあります。お客様がお手洗いに立つと、おしぼりを持ってトイレの前で待っていてくれて、「かわいらしい気遣いだなあ」と思ったのですが、編集者さんには「そんなのキャバ嬢だってやってくれますよ」と笑われてしまいました。すみませんね、キャバクラって行ったことないので。

 舞妓さんは「少女」ですから、七五三で着るような肩上げと袖上げがしてある着物で、かんざしも季節のお花をかたどった「花かんざし」です。拝見した日舞はすばらしく、お座敷遊びの醍醐味を感じました。お稽古は厳しいのでしょうが、素晴らしい日本の伝統文化ですよね。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合