NEW

“鎌倉殿”も大喜び?…三浦半島先端の“映える”ゴージャスヴィラの裏にあるビジネス戦略

文=高田昌子
【この記事のキーワード】
神奈川・三浦半島の先端にゴージャスなヴィラが出現…コロナ禍で掲げる地域活性化の真意の画像1
三浦海岸がすぐそこに見える「ビーチエンド・ヴィラ・ブル」は、1日1組限定、1棟貸しのプライベートレンタルヴィラ。大切な家族や仲間とラグジュアリーな非日常を過ごせそうだ。

 都心から約1時間半とアクセスがよく、利便性に優れているにもかかわらず、人口減少が止まらない三浦半島南端の三浦市。日本創生会議・人口減少問題検討分科会では、神奈川県の1市7町1村を「消滅可能性都市」と推計しているが、そのなかで唯一、「市」で消滅可能性都市なのが、三浦市だという。1994年の5万4339人をピークとして減少に転じ、2015年には4万5289人に。国立社会保障・人口問題研究所の2025年の将来推計人口によると、今後3万8227人まで減少し、その時点での高齢化率も42.0%と推計されている。

 現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のメイン舞台である鎌倉市。三浦半島の西側の“先端”付近にあるその鎌倉から見れば、三浦半島のちょうど“反対側”に位置する三浦市の海岸沿いで、“シャレオツ飲食店”と“プライベートヴィラ”を開業した飲食店経営者がいる。しかも、理念のひとつとして掲げるのは、「地域再生」。いったいその経営者は何か目論んでいるのか? 話を聞いた。

神奈川・三浦半島の先端にゴージャスなヴィラが出現…コロナ禍で掲げる地域活性化の真意の画像2
m-folks社の代表取締役社長・宮浦準氏。

豊富な観光資源と農水産業…三浦のよさを生かさないのは“もったいない”

 京浜急行電鉄久里浜線の終点、三崎口駅のひとつ手前、三浦海岸駅から歩くこと30分。三浦海岸の美しいビーチをひたすら南に歩いた先にあるのが、「ビーチエンド・ヴィラ・ブル」だ。

神奈川・三浦半島の先端にゴージャスなヴィラが出現…コロナ禍で掲げる地域活性化の真意の画像3
三浦の空と海を堪能できる美しいロケーション。都会の喧騒を離れ、ゆっくりリセットしたい。

 2021年4月に、イタリアのビーチリゾートを彷彿とさせる宿泊施設として開業した同ヴィラは、同地に以前から建っていた民家をリノベーションしたのだそうで、一軒家貸し切りのプライベートヴィラ。ペット同伴可能の1日1組限定(6名まで)で、本格的なテントサウナやジャグジーも楽しめるのだという。隣接するピッツェリア「クリフテラス」では、薪窯で焼き上げるピッツァを気軽に食べられる。目の前はもう三浦海岸のビーチ、というロケーションも最高だ。さらにそのすぐ近くにあるレストラン「ビーチエンドカフェ」では、三浦半島の旬の素材を生かした本格的なカジュアル・フレンチが提供されている。

 これらの3施設を一体的に運営する、m-folks社の代表取締役社長・宮浦準氏に、開業の意図とともに、三浦市の地域創生、観光産業や将来について語ってもらった。

――宮浦社長がこの三浦市で、プライベートヴィラと飲食店2軒を一体的に経営しようと思った経緯を教えてください。

宮浦社長 最初は単純に、「景色のいい海沿いでレストランをやりたいな」と考えていて、さまざまな場所を検討しているなかで、三浦市内のある農家さんに出会ったんです。その方の話を聞いて、「もったいないな」と思ったんですね。三浦は、京急本線の快特に乗れば東京都心から1時間半もかからず、都心と容易に行き来することができます。

 一方で海と山に囲まれ、自然の観光資源は豊富にある。農水産業も盛んで、三浦マグロや三浦の大根・キャベツなどは全国的にも有名です。同じ三浦半島にある鎌倉市や葉山町は開発されて土地の値段も上がり、観光産業的にも順調な人気エリアになりましたが、この三浦だけは、バブル期から取り残されてしまいました。地元の人たちは、三浦の恵まれた環境がもはや当たり前になっていますが、いや、「もったいない」んだと気づいてほしい。こんなにいいところなのに、なぜ衰退していくんだろう、ここで何かができるんじゃないかと思ったときに、地域創生や地域活性に軸足を置いて動いていこうと思うようになりました。

――確かに三浦市には宿泊施設が少ないですよね。一方で、首都高から横浜横須賀道路などを通ってクルマで比較的容易におもむけるから、首都圏からの観光客は宿泊せずに、日帰りで帰ってしまう人も多いでしょうね。

宮浦社長 そうなんですよ。だから、飲食店だけではなく宿泊施設も一緒に運営すれば、観光客の集客もやりやすいのではないかと思い立ちました。観光地に来たらお酒も飲みたくなる。クルマで来る人も多いとなれば、宿泊施設もあったほうがいいですから。

 鎌倉市などは、歴史的建造物や魅力的な観光スポットがたくさんあるので、「せっかく鎌倉に来たんだから」と忙しく観光する方も多いでしょう。対して三浦は何もないから(笑)、海を眺めながらゆっくりくつろげる場所。飲食店を中心に、そこから派生していく事業をもっと増やしていきたいと思っています。

神奈川・三浦半島の先端にゴージャスなヴィラが出現…コロナ禍で掲げる地域活性化の真意の画像4

神奈川・三浦半島の先端にゴージャスなヴィラが出現…コロナ禍で掲げる地域活性化の真意の画像5
ビーチエンド・ヴィラ・ブル
三浦海岸のビーチまで30秒。仲間だけで1日過ごせる一棟貸しのヴィラ。 最大6名まで宿泊可能で、サウナ、BBQ、ペット同伴も可能。 神奈川県三浦市南下浦町金田195-2
https://villa-blu.jp/

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合