NEW
村井英一「お金の健康法」

アベノミクス、貧富の差が「縮小」していた…世間の評価とは逆、景気回復は停滞

文=村井英一/家計の診断・相談室、ファイナンシャル・プランナー
【この記事のキーワード】, ,
アベノミクス、貧富の差が「縮小」していた…世間の評価とは逆、景気回復は停滞の画像1
安倍晋三氏の公式Twitterアカウントより

 安倍晋三元首相が銃撃され亡くなりました。政治的な立場にかかわらず、多くの人が哀悼の意を表明し、事件に対して非難の声を挙げています。ただ、安倍元首相の功績については、見方が分かれています。個性が強い政治家であっただけに、賞賛と非難のどちらかにはっきり分かれているようです。ここでは、安倍元首相が2回目の首相となった時期(「第二次安倍政権」とします)の経済政策「アベノミクス」について、冷静に振り返ってみます。なお、安倍元首相の政治姿勢や政治的功績について論評するものではありません。

 安倍氏が2回目に首相となった際に、3つの方針が打ち出されました。「3本の矢」といわれているもで、(1)大胆な金融政策、(2)機動的な財政政策、(3)民間投資を喚起する投資戦略、です。それぞれを具体的に見てみましょう。

1.大胆な金融政策

 当時、先進各国の中央銀行ではインフレ目標を明確に示す流れがありました。日本銀行はすでに金融緩和を続けていましたが、インフレ目標までは打ち出していませんでした。安倍首相(当時)が指名した黒田東彦日銀総裁は、2%を目標として金融緩和をさらに推進しました。それまで日銀が手掛けてこなかった、長期国債の購入を積極的に行い、さらには株式やREIT(不動産投資信託)まで購入していきました。

 大規模な金融緩和の結果、為替相場では円安ドル高が進み、輸出産業には追い風となりました。さらに、外国人訪日客が増加し、訪日需要をもたらしました。なによりも、市場にあふれ出た資金が株式相場に流入し、株価が大きく上昇しました。これらによって、景気は拡大を続けました。もっとも、2%のインフレ目標が達成されたのは、ようやく最近になってからのことです。

2.機動的な財政政策

“機動的な”というとわかりにくいのですが、要するに「財政再建は一時棚上げし、財政支出を増やして景気回復を優先する」ということです。この点は、安倍元首相が最初に首相になった時から大きく変わった点です。小泉純一郎元首相から引き継いだ第一次安倍政権では財再建路線を堅持していましたが、2回目に首相になった際には財政拡大路線に転換しました。もっともこの時から急に財政支出が増えたわけではありません。その前の民主党政権時代に財政支出は拡大しています。第二次安倍政権ではそれを引き継いだといえるでしょう。

 一方、税収のほうでは、消費税の引き上げを2回実施しました。民主党政権の最後に与野党で消費税を10%まで引き上げることが合意されていたからです。2014年4月に予定どおりに1回目の引き上げ(5%→8%)を実施しましたが、そこから景気は低迷しました。第2回目の引き上げ(8%→10%)は、2回の延期を経て、2019年10月となりました。安倍首相は前政権からの約束を果たすことに悩まされ続けたといってもよいでしょう。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合