NEW

片手間でOK? 起業のハードルが下がる本

新刊JP
【この記事のキーワード】, ,
『起業がうまくいった人は一年目に何をしたか?』(新井一著、総合法令出版刊)
『起業がうまくいった人は一年目に何をしたか?』(新井一著、総合法令出版刊)

 「起業したい」という思いは持っていても、資金や失敗への不安などから、なかなか踏み出せないという人はいるはずだ。

 起業するからには、定収入のある会社を辞め、大きな融資を受け、オフィスを借りないといけないと思っているならば、『起業がうまくいった人は一年目に何をしたか?』(新井一著、総合法令出版刊)をぜひ読んでみて欲しい。

 本書は、起業に対する恐怖心の克服方法をはじめ、「起業準備1年生」にとってのヒントが詰まった一冊。なるべくリスクも時間も、そしてお金もかけない、新しい「起業」を提案している。

どんなにスモールスタートでもリスクはある。抑えておきたいポイントは?

 著者の新井氏は、「お金と時間はこのくらいなら、ゼロになってもいいか…」と感じる範囲内で、限りなく小さく、そして深く考えずに起業してみることをすすめている。もちろん、小さく始めるのだから、いきなりの大成功は難しいかもしれない。しかし、その経験から考え方が変わり、人生の選択肢が増えたり、会社の人間関係やパフォーマンスが変わったりしているかもしれない。

 新井氏は「好きなことを、好きなようにやってみてください」と述べる。起業を重く考えなくても良いのだ。

 とはいえ、やはり起業にはリスクがある。では、本当に怖いリスクは何か。それは「危険な状態を知らないこと」だという。何が危険なのかを知っていれば、対策や対応ができるだろう。

 起業で一番危険なことは「自分に負えない責任を負う」ことだ。

 ゼロになったら生活ができなくなってしまう「お金」や、忙し過ぎて本業の会社に迷惑をかけたり、健康を害してしまう「時間」において、自分のキャパシティを超えて負担になってしまうのは怖い。

 ただ、「お金」と「時間」は自分でコントロールすることができる。

 「お金」に関しては、起業するときに初期コストと運転コストの2つのコストを考える。会社員を続けながら起業する場合、会社員のお小遣いの月平均が3万円以上4万円未満なので、とにかくハードルを低くして、初期コストと運転コストを合わせて月1万円以下でスタートできるビジネスが良い。

 そのためには、今のまま、今あるものを使って片手間で始めることが大切だ。

 「時間」については、起業後のステージでは「いかに自分でやらないで済ませるか」を考えることが必要になる。

 そのために、自動化や効率化できるシステムへの投資や、ビジネスパートナーを持ち、何かあったときには助けてもらうことが大切だ。そうした未来をイメージしつつ、先に進んでいくことが重要になる。

 本書は、小さく始めて何度でも修正し、アップグレードさせていく起業のノウハウを紹介している。起業前に知っておきたい基本を本書から学んでみてはどうだろう。(T・N/新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

新刊JP

新刊JP

書評や著者や編集者、書店へのインタビュー、出版業界の最新情報、読書を面白くする企画記事などを配信し、読者に「次に読む本」を見つけてもらうことをコンセプトとしたウェブメディア。

新刊JP公式サイト

Twitter:@sinkanjp

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合