NEW

かつや系列の異色専門店「東京とろろそば」の実力は?予想以上に高級感が漂う店内

文=清談社
【この記事のキーワード】, ,
「東京とろろそば」五反田店の外観
「東京とろろそば」五反田店の外観

 とんかつ専門店「かつや」などを運営するアークランドサービスホールディングスが手がける新業態「東京とろろそば」。さっぱり食べられてスタミナもつきそうな、働き盛りの男性には訴求力の高い「とろろそば」をメインにするという、ありそうでなかった専門店だ。現在は五反田、横浜、相模大野の3店舗を展開している。実際に店舗に行き、その実力を探ってみた。

予想以上に高級感が漂う店内

 安くてボリュームたっぷりのとんかつ専門店「かつや」をはじめ、からあげ専門店「からやま」「東京たらこスパゲティ」「純豆腐 中山豆腐店」など18ブランドの飲食店を運営するアークランドサービスホールディングスが2020年8月に立ち上げたのが、「東京とろろそば」だ。

 同社のホームページによると、「サッと入ってサッと食べて、サッと帰る」というコンセプトのようで、忙しいビジネスパーソン向けの業態となっている。

 実際に調査するべく向かったのは、1号店である五反田店。五反田駅東口から徒歩2分ほどで、和風の店構えが見えてくる。食券制ではなく席についてから注文するスタイルで、入店するとスタッフに席へ案内された。店内はカウンター28席のみだが、広々としており、シックな壁紙や盆栽のような植物などが配されたインテリアは、予想以上に高級感が漂う。老若男女問わず、入りやすい店構えと内装になっている。

 今回は夕方17時頃とアイドルタイムの入店だったためか、先客が2人と少なく、やや静かな雰囲気。ひとりはサラリーマン風の男性、もうひとりはOL風の女性で、仕事の合間に寄ったという感じだ。

 カウンター席につき、早速メニュー表を拝見。メニュー表はペラペラしたものではなく、表紙にきちんと布地が張られた立派なもので、ここからも大衆的な安っぽい雰囲気の飲食店とは一線を画そうとする気概が感じられる。

かつや系列の異色専門店「東京とろろそば」の実力は?予想以上に高級感が漂う店内の画像2

 お目当ては「とろろそば」だが、温かいメニューは、肉とろろそば、カレーとろろそば、坦坦つけそば、とろろそば。冷たいメニューは、冷ぶっかけ肉とろろそば、冷ぶっかけ納豆とろろそば、冷ぶっかけ辛ネギそば、冷ぶっかけそばと、バリエーションが多い。いずれも、そばをうどんに変えることも可能だ。

 ちなみに、きつね、たぬき、月見など、とろろが入ってないメニューもあるので、万が一とろろが苦手な人でも心配ない。

 麺類の他にご飯ものも用意されており、中でも、とろろと豚肉を載せた「肉とろろ麦めし」が大きく紹介されている。他には「ダブルハンバーグ」や「中落ちカルビ」などがあり、このあたりのラインナップは「かつや」を展開するアークランドらしい肉々しさがある。

 また、「キムチとろろ麦めし」など彩りが良い女性向けメニューもあり、おじさんだけでなく、大戸屋に行くようなヘルシー志向の女性客獲得も目指しているのだろう。

かつや系列の異色専門店「東京とろろそば」の実力は?予想以上に高級感が漂う店内のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!