NEW

昨年、驚愕の『2000万』馬券!ヴィクトリアマイル(G1)は今年も大荒れか!?その「見極め方」と「狙い馬」マニュアル

vikutoria.jpg競馬つらつら」より

「春の女王決定戦」として2006年に創設されて以来、今年で11回目を迎えるヴィクトリアマイル(G1)。今年も昨年の2冠牝馬ミッキークイーンや、ジャパンC(G1)を勝ったショウナンパンドラなど、現役トップクラスの牝馬が顔を揃えた。

 しかし、今年は「誰が勝つのか」ということよりも、むしろ「高額配当が出るのか」で話題を集めているようだ。

 何故なら、ヴィクトリアマイルは昨年、JRA史上歴代3位となる「3連単20,705,810円」という超高額配当が飛び出したレースだからだ。「3連単20,705,810円」とは『2000万馬券』、つまりは「20万倍」ということになる。

 無論、そんな歴史的な高額配当がそうそう出るものではない。しかし、実はこのヴィクトリアマイルというレースは「荒れやすいレース」として有名で、過去にも東京では絶対的な強さを誇ったウオッカが破れたり、2007年には「228万馬券」も飛び出している。その見事な荒れっぷりは、一昨年の「40万馬券」が平穏決着と錯覚するほどだ。

 では何故、ヴィクトリアマイルでは大万馬券が頻発するのか。そして、大万馬券決着は「今年」も起こり得るのか。

「3連単20,705,810円」という歴史的大波乱となった昨年を振り返りながら考察したい。

2015年ヴィクトリアマイル(G1)
1着ストレイトガール  5番人気    位置取り5-5
2着ケイアイエレガント 12番人気   位置取り2-2
3着ミナレット     18番人気   位置取り1-1
      ・
      ・
6着ヌーヴォレコルト  1番人気    位置取り6-6
7着ディアデラマドレ  2番人気    位置取り14-14

 上記が昨年のヴィクトリアマイルの結果だが、見てわかる通り「典型的な前残り」といった結果である。1番人気のヌーヴォレコルトも6番手から上がり3ハロン「33.5秒」、ディアデラマドレに至っては「32.8秒」という人知を超えた末脚を繰り出しても、勝ったストレイトガールが「33.0秒」で上がっているのだから追いつけるはずがなかった。

 それにしても、これだけ極端な前残りの結果であれば、よほどのスローペースだったのではと考えるのが普通だろう。

 しかし、昨年のヴィクトリアマイルは前半の1000mが「56.9秒」という殺人的なハイペースであり、全体時計の「1:31.9」は、2011年にアパパネとブエナビスタがデットヒートして叩きだしたレースレコードと同タイムである。

 それでも逃げた「最下位人気のミナレット」が止まらなかったのだ。

昨年、驚愕の『2000万』馬券!ヴィクトリアマイル(G1)は今年も大荒れか!?その「見極め方」と「狙い馬」マニュアルのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  2. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  3. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  4. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  7. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」
  8. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち