NEW

「99年グランプリ対決復活?」グラス産スクリーンヒーローに対抗してスペシャルウィークが放った刺客・新種牡馬リーチザクラウンが”奇跡”の大爆発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
r-chizakuraun.jpgリーチザクラウン(JBISサーチ公式サイトより)

 今年も2歳戦が始まると同時に、数多くの新種牡馬の産駒がデビューを迎えている。

 中でも、大種牡馬キングカメハメハが体調を崩したため、初年度から代理を務めたルーラーシップを筆頭に、すでにダービー馬エイシンフラッシュを輩出しているキングズベスト、マイネル軍団の命運を握りそうなアイルハヴアナザーなどが有力候補に挙げられている。

 だが、ビッグネームがずらりと並んだ今年の新種牡馬の中で、最も良いスタートを切ったのが”伏兵”のリーチザクラウンだ。

 先述したルーラーシップが香港のクイーンエリザベス2世C(G1)、キングズベストが英国の2000ギニー(G1)、アイルハヴアナザーがケンタッキーダービー(G1)など多くの新種牡馬が世界に通じる実績を持ちながら、一方でリーチザクラウンの主な勝ち鞍はマイラーズC(G2)ときさらぎ賞(G3)。

 述べるまでもなく、現役時の実績がものをいう新種牡馬の中でリーチザクラウンは、圧倒的に不利な存在だ。実際に現在で競走馬として登録されている2歳馬は34頭しかおらず、中央競馬でデビューした馬に限れば、まだ4頭しかいない。

 しかし、実はその4頭の実績が[1.1.1.1]。1頭がすでに新馬戦を勝ち上がり、他の3頭すべてが掲示板を確保しているというから驚きだ。

「現役時にG1を勝てなかったリーチザクラウンが、種牡馬として苦しいスタートを強いられることは誰もが予想するところですが、わずか4頭ながらこの実績は奇跡的といえます。ちなみに4頭の肌馬は、現役時はもちろん繁殖としても大した実績はありません。そんな産駒が中央競馬のデビュー戦から活躍しているのですから、種牡馬リーチザクラウンの存在は、日本の生産界で今大きく異彩を放っています」(競馬記者)

 現役時はデビュー戦から、後に「伝説の新馬戦」といわれる過酷なレースからスタートしたリーチザクラウン。結果は後の皐月賞馬アンライバルドに屈したものの、6冠牝馬ブエナビスタ、菊花賞馬スリーロールスには先着した2着。

 現役時はスタートから骨の折れる思いをしたが、種牡馬としては極めて順調なスタートを切ったようだ。

「99年グランプリ対決復活?」グラス産スクリーンヒーローに対抗してスペシャルウィークが放った刺客・新種牡馬リーチザクラウンが”奇跡”の大爆発!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!