NEW

エアグルーヴの名血が引き寄せた「天命」により前代未聞のスタートを切った新種牡馬ルーラーシップ。偉大過ぎる「比較対象」と問われる「真価」

ru-ra-ship.jpgルーラーシップ(JBISサーチ公式サイトより)

 今年も夏を迎え、日々上昇する気温と同じくじょじょに熱を帯びてきた2歳戦線。同時に注目されるのが、ファーストクロップがデビューを迎える新種牡馬だ。

 数多くの新種牡馬がデビューするが、中でもすでに2009年の日本ダービー2着馬リーチザクラウンが、3頭の勝ち上がりを出すなど話題沸騰中。厳しい前評判を覆す快進撃に、早くも注目が集まっている。

 他にも2012年のダービー馬ディープブリランテや、2009年にNHKマイルCを制したジョーカプチーノも、すでに新馬勝ちの産駒を送り出しており、まずは順調なスタートを切っている。

 しかし、今年の新種牡馬の「大本命」は間違いなくルーラーシップに他ならない。

 G1勝ちが香港のクイーンエリザベス2世Cのみという、種牡馬としては頼りない実績だが、日本競馬を代表する名牝エアグルーヴの最高傑作となる同馬。姉のアドマイヤグルーヴが昨年の2冠馬ドゥラメンテを輩出するなど、未だ日本競馬をリードする名門だ。

 もちろん繁殖牝馬の質は新種牡馬の中でも群を抜いており、産駒頭数に至っては先述したリーチザクラウンの約4倍だ。はっきりいって、ある程度の成功はすでに約束されていると述べても過言ではないだろう。

 だが、いくら良血とはいえ競走実績も頼りなく、もちろん種牡馬としても何の実績もないルーラーシップが初年度から、ここまでプッシュされていることには明確な理由が存在する。

 これこそ、1983年のオークス馬ダイナカールから脈々と継がれる一族の名血が引き寄せた「天命」だろうか――。ルーラーシップが初の種付けを迎えた今から3年前の2013年。日本を代表する種牡馬ディープインパクトと人気実績を二分する大種牡馬キングカメハメハが、体調不良により種付けの制限を行ったのだ。

エアグルーヴの名血が引き寄せた「天命」により前代未聞のスタートを切った新種牡馬ルーラーシップ。偉大過ぎる「比較対象」と問われる「真価」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  2. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  3. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  4. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  5. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  6. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  7. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  8. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  9. JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの
  10. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと