NEW

新潟が燃えた! レパードSは武ケイティブレイブを最後の最後に戸崎グレンツェントが捉える!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tosakikeita.jpg

 7日に行われたレパードSは、道中5番手を進んだ2番人気のグレンツェントが逃げ粘る1番人気ケイティブレイブを最後の最後に交わし切って重賞初制覇。

 前走ユニコーンSでは道中11番手でレースを進め3着だったグレンツェントだが、この日戸崎圭太騎手は5番手を選択。前走JDDで逃げて2着に入ったケイティブレイブを意識してのレース運びであることは明白だった。ケイティブレイブに騎乗するのが、コパノリッキーやキタサンブラック、エイシンヒカリと、この春「逃げ馬」で国内外で金星を多数上げた武豊となれば、警戒するのも当然だ。

 ケイティブレイブは好スタートから難なく先行し、その後も楽に逃げる態勢。のびのびした走りでこの時点で「勝負ありか」と思った人も少なくなかったのではないか。

 直線に入ると、ケイティブレイブは鞭なしで後続と差を広げていく。武騎手が鞭でさらに引き離す。しかし1頭、外から同馬を鋭く追いかけるライバルがいた。グレンツェントである。

 グレンツェントはともに上がっていった他馬を置き去りにしてケイティブレイブを急追。2頭の争いとなったレースは、最後まで粘ったケイティブレイブをグレンツェントがクビ差交わしたところでゴールを迎えた。見事な重賞初制覇。ハイレベルとされる今年の3歳ダート路線にまた1頭トップ候補が生まれた瞬間である。

 さすがは現在全国リーディング断トツ1位の戸崎騎手、ケイティブレイブをしっかり射程圏に捉え、最後はキッチリ差し切り勝ち。武騎手の安定した逃げと合わせ、熱のこもったレースとなった。秋、ノンコノユメなど強力古馬勢とぶつかる機会がますます楽しみになった。

新潟が燃えた! レパードSは武ケイティブレイブを最後の最後に戸崎グレンツェントが捉える!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!