NEW

『ジョジョの奇妙な冒険』映画化最大の不安はキャストでなく監督!? 「歴史的大コケ」をしたアノ映画の印象が……

【この記事のキーワード】

, ,

eiga.jpg

 コアなファンを持つことで知られるマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)の実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が2017年夏に公開されることが発表された。

 1987年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載スタートした同作は、掲載誌を変更しつつも連載が続いている人気シリーズ。現在ではパート8である『ジョジョリオン』(「ウルトラジャンプ」)が連載されている。これまでもさまざまなメディアミックスが展開されており、どれもが好評を得ていた。

 今作の監督は、『テラフォーマーズ』『悪の教典』などの三池崇史が務める。主要キャストは山崎賢人(東方仗助)、神木隆之介(広瀬康一)、小松菜奈(山岸由花子)、岡田将生(虹村形兆)、真剣佑(虹村億泰)、山田孝之(片桐安十郎)、伊勢谷友介(空条承太郎)ら、だ。

 山崎は、これまで映画『ヒロイン失格』『orange‐オレンジ‐』『オオカミ少女と黒王子』と少女漫画の実写化をヒットさせている。業界では不敗神話までもウワサされる彼を起用し、ヒットが期待されているかと思いきや、すでにファンを中心に”不発に終わったあの映画の二の舞いになるのではないかと、不安の声が上がっている。

『ジョジョの奇妙な冒険』映画化最大の不安はキャストでなく監督!? 「歴史的大コケ」をしたアノ映画の印象が……のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!