NEW

ラニ、今週末ブラジルCで強豪古馬と激突! 拭えない「血統・距離不安」があるだけに、ここは負けられない

【この記事のキーワード】, ,

 今週はクラシック最終戦の菊花賞(G1)における「2強」対決、3歳世代マイル担当ロードクエストがイスラボニータなど古馬の強豪と激突する富士S(G3)と注目レースが揃うが、重賞以外にも注目の「復帰戦」が行われる。

 23日の東京メインは、ダートの強豪集うブラジルC(2100m 3歳以上オープン)。モズライジンやサンライズホーム、ドコフクカゼにメイショウイチオシとダートのオープン馬が12月のチャンピオンズC(G1)を目指して出走するが、やはり最注目は、ついに復帰戦を迎えるラニ(牡3 栗東・松永厩舎)だ。

 ドバイ遠征でUAEダービーを制し、日本馬として初めて米三冠レースすべてを「皆勤」し、ケンタッキーダービー9着、プリークネスS5着、ベルモントS3着の実績を残した同馬。今年の春は日本馬の海外挑戦が例年以上に活発だった印象だったが、このラニもまた、その中核を担う1頭であったことは間違いない。

 ラニはブラジルCから中1週でみやこSに出走する予定とのこと。間隔が狭すぎではないかという声もあるが、ラニは使えば使うほどよくなるタイプ。実際に米三冠でもわずか1カ月の間に3レースに出走し、パフォーマンスを上げてきた実績がある。「2走叩き」で調子を上げ、チャンピオンズC(G1)に殴り込みをかける算段ということだろう。大きな期待が集まることとなるだろう。

 しかし、不安が決して小さくはない。父タピットは2014年の北米リーディングサイアーであるなど、非常に「アメリカ色」の強い血統で、北米三冠で好走する「下地」はもともとあった。それがそのまま国内ダートで生きるのかどうなのかという点だ。今年2月のヒヤシンスSではあっさり5着に破れている点からも、本質的に「米国向き」の馬なのかもしれないということだ。基本的に行き脚がつかず、追い込み脚質という点も不安要素の一つと言えるだろう。

ラニ、今週末ブラジルCで強豪古馬と激突! 拭えない「血統・距離不安」があるだけに、ここは負けられないのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?