NEW

菊花賞完勝のサトノダイヤモンドが来年の凱旋門賞(仏G1)出走!? 年末の有馬記念出走プランも!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
satonodaiyamododa-bi-.jpgサトノダイヤモンド(競馬つらつらより)

 ついに、「世代No.1」であることを証明したサトノダイヤモンド。

 振り返れば今年の2月のきさらぎ賞(G3)、単勝1.2倍の圧倒的人気に応えたサトノダイヤモンドの評価は、まさに青天井のような状態だった。「世代最強」どころか、「三冠馬」の声、一部の競馬専門家たちは「ディープインパクトやオルフェーヴル以上の逸材」と声をそろえた。

 しかし、クラシック第一弾の皐月賞では1番人気に推されたものの、最後の直線で不利を受けて3着。続く日本ダービーでもレース中に落鉄して2着。期待された春シーズンをまさかの無冠で終えた。

 秋を迎えた神戸新聞杯でも勝ちはしたものの、上がり馬のミッキーロケットにクビ差まで迫られる辛勝。ラスト一冠に向けて暗雲のようなものが立ち込めたが、それでもファンが1番人気に選んだのはサトノダイヤモンドだった。

 そして、見事期待に応え「真の実力」をようやく証明したサトノダイヤモンド。最後の直線入り口で、すでに先頭を射程圏に入れる絶好のポジションだったにも関わらず、そこから上がり最速の末脚を繰り出されては、他の馬に成す術はなかった。

 最後は流す余裕さえ見せてのゴール。2着レインボーラインとの着差こそ2馬身1/2の差だが、各馬との実力差はそれ以上のものを感じさせる完勝劇だった。

 この勝利で最も嬉しかったのは、サトノダイヤモンドのオーナーとなる里見治氏に違いない。

菊花賞完勝のサトノダイヤモンドが来年の凱旋門賞(仏G1)出走!? 年末の有馬記念出走プランも!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!