NEW

菊花賞馬など重賞の常連が集結! 有馬記念にも影響を与える重要な一戦「金鯱賞(G2)」に大注目!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keibatachi.jpg

 有馬記念(G1)の前哨戦と位置づけられた金鯱賞(G2)。

 2012年の優勝馬オーシャンブルー、13年に3着のウインバリアシオンが有馬記念で2着に入選しているように、大一番を前にしたココでの走りを重要視するファンは多い。

 今年も重賞で活躍する実力馬が出走予定。豪華メンバーが集結した事により、混戦必至の見逃せない一戦になりそうな気配だ。

 まず注目したいのはヴォルシェーブ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)。久々の重賞挑戦となったアルゼンチン共和国杯(G2)は0.1秒差の3着入選と健闘。勝ち馬シュヴァルグランが先日のジャパンC(G1)で3着を確保しているように、本レースのレベルが高かった事は明白。斤量差はあったが十分に評価できる内容であった。

 ここまで長距離中心に使われてきたが、2000mは4戦して1勝を含む3連対と距離適性は高い。有馬記念を狙うのであれば結果が求められる舞台。上積みも見込めるだけに、ココは確実に勝っておきたいところ。

 サトノノブレス(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)も有力な一頭。天皇賞・春11着、宝塚記念8着、天皇賞・秋10着と大敗続きだがG2・3では大きく崩れていない。特に今春の中日新聞杯(G3)で勝利、金鯱賞でも一昨年2着・昨年3着と好走しているように中京での安定感は抜群だ。先週の追い切りでも好時計をマーク。無視できない存在である事は間違いない。

 長期休養から復帰のリアファル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)にもチャンスはある。

菊花賞馬など重賞の常連が集結! 有馬記念にも影響を与える重要な一戦「金鯱賞(G2)」に大注目!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!