NEW

武豊騎手「31年連続重賞勝利」をエアスピネルで! 苦しい時期でも積み重ねてきた勝利の先に見える「夢」

【この記事のキーワード】, ,
0914takeyutaka_top.jpg

 5日に開催された京都金杯をエアスピネルで勝利し、幸先よく2017年をスタートさせた武豊騎手。

 昨日の勝利で武騎手の重賞勝利は「31年連続」となった。昨年30周年を迎えた武騎手の騎手生活だが、新たな節目を越えても淡々と勝利を積み重ねている。

 全盛期という言い方が正しいのかは分からないが、2000年代の武騎手にはとにかく有力馬が集まっていた印象で、その中で重賞を勝利することは半ば「当然」ということもできる。実際、「馬質が良すぎる」と批判を浴びていた部分もあるだろう。

 しかし、2010年の落馬後、地方からの移籍騎手や短期免許で来日する外国人騎手の台頭で成績が一気に下降。一時は「引退」の声すらも上がっていた。

 その中でも、武騎手は常に重賞を勝利し続けてきた。常に安泰と言える立場で記録を作ってきたわけではなく、引退を叫ばれるほど苦しい時期があってなお、記録を刻み続けてきたということだ。2012年は年間56勝、武騎手のキャリアでももっとも過酷な1年だったと言えるが、年間で重賞1番人気を背負ったのはたったの1度きりだった。武騎手が主役だった競馬界を知っている人間なら誰しもが耳を疑うだろう。

 あと2年もすれば50歳となる武騎手だが、若々しいのは見た目のみならず、勝利への意欲も同じである。先述のエアスピネルに関しても「もっと弾けると思った」と内容には不満を吐露し同馬への期待をのぞかせるなど、貪欲さはいつまでも変わらない。

武豊騎手「31年連続重賞勝利」をエアスピネルで! 苦しい時期でも積み重ねてきた勝利の先に見える「夢」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声