NEW

【クイーンC(G3)展望】ソウルスターリングを脅かす最強牝馬候補ズラリ! 激戦は「3強」中心か

keiba0606.jpg

 11日(土)に東京競馬場で3歳牝馬によって争われるクイーンC(G3)が行われる。昨年はメジャーエンブレムがこのレースで圧巻の逃げ切り勝ちを決め、桜花賞(G1)へと向かっていった。今年も桜花賞での活躍が期待される有力馬が多数出走を予定しているが、その中でも昨年末のレースで能力の高さを示していた3頭を中心に紹介していく。

 最初に紹介するのは2連勝中のアドマイヤミヤビ(牝3、栗東・友道厩舎)。前走の百日草特別(500万下)では牡馬相手だったが、直線では馬群の間からしっかり末脚を伸ばしての完勝。このレースで負かしたカデナが次走の京都2歳S(G3)を勝利していることから、アドマイヤミヤビの能力にも当然期待がかかる。

 久しぶりの実戦となる今回だが、調教は順調にこなしており文句のつけようのないデキに仕上がってきているようだ。調教後には騎乗予定のルメール騎手が「東京マイルも大丈夫」とコメントするなど自信有りの様子。ここから桜花賞、さらにはその先とステップアップするためにも非常に重要なレースとなりそうだ。

 次に紹介するのはフローレスマジック(牝3、美浦・木村厩舎)だ。姉にラキシス、兄にサトノアラジンなどの活躍馬がいる優秀な血筋。どちらも比較的遅咲きだったので、もしかするとこの馬も晩成型かもしれないが、現時点でどこまでやれるのかに興味は尽きない。前走のアルテミスS(G3)では敗れはしたが、上がり最速となる末脚を使っており瞬発力には目を見張るものがありそうだ。この時の勝ち馬であるリスグラシューは昨年の阪神JF(G1)で2着とレースレベルは高かった。

 東京1600mは相性がよく、ここまでの3戦全てで連対を外したことが無い。兄弟たちが達成できなかったクラシック制覇を成し遂げるためにもいい結果を出したい。

 阪神JF(G1)3着など実積のあるレーヌミノル(牝3、栗東・本田厩舎)。すでに小倉2歳S(G3)を勝利しており重賞でも通用する能力があることは証明済みだ。当初この馬はスプリンター向きなのではとされていたが、阪神JFで3着となっており距離は何とか持ちそうである。また、東京コースも京王杯2歳S(G2)で好走しており問題はなさそうだ。

 春の最大目標は同じく桜花賞。年末に負けたソウルスターリング、リスグラシューにリベンジするまでは他のライバルたちに負けるわけにはいかない。

【クイーンC(G3)展望】ソウルスターリングを脅かす最強牝馬候補ズラリ! 激戦は「3強」中心かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?