NEW

横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?

【この記事のキーワード】, ,
yokoyamanori.jpg>横山典弘騎手(Cake6)より

 15日に競馬大手ポータルサイト『netkeiba.com』内の「若手騎手応援コーナー!キシュトーーク U25」に出演した菊沢一樹騎手のインタビューで、興味深い一幕があった。

 今年で2年目を迎えている菊沢騎手だが、ルーキーイヤーの昨年を振り返りながら自身の騎乗フォームの修正について話す中、待望の初勝利を上げるきっかけとなった「ある一件」に関して語っている。

 デビュー当時の菊沢騎手は、新人の中でも一風変わった馬の追い方をしていた。俗に「お尻トントン」といわれている騎乗スタイルで、岩田康誠騎手や蛯名正義騎手、川田将雅騎手などのトップジョッキーが近年取り入れた、斬新な追い方だ。

 菊沢騎手はそういった先輩の影響を受け、競馬学校時代から練習を重ねてきたようだが、いざデビューしてから思うように勝てず苦しんでいたらしい。実際に藤田菜七子騎手や新人王を獲った木幡巧也騎手などの同期が次々と初勝利を挙げる中、自分だけが最後まで勝てていなかった。

 そんな中、悩める新人に声を掛けたのが関東の大御所・横山典弘騎手だ。

 菊沢騎手の叔父にあたる横山典騎手は「あの乗り方はやめろ」と強く説得。菊沢騎手もここまで培ってきたスタイルだけに最初は納得できなかったようだが、大先輩から丁寧な説明の上に師匠であり、父でもある菊沢隆徳調教師からも「あれは馬の負担になるだけだから止めなさい」と指摘されたようだ。

 菊沢騎手はその時の心境を「目が覚めた」と語っているが、結果的に「お尻トントン」をやめた翌週に初勝利を上げ、自分が取り入れるべき騎乗スタイルが見えたようだった。

 このエピソードだけでなく、以前から何かと議論を巻き起こしている「お尻トントン」。JRAでの”発案者”は、おそらく岩田騎手であり、実践し始めた当初は岩田騎手が重賞を勝ちまくっていたこともあって大きな注目を浴びた。

「馬の背中にトントンと尻をつけるような」独特の騎乗フォームは一見、馬にさらなる推進力をもたらしているようにも見える。実際に2015年の岩田騎手は、8月の終わりまでに「13」もの重賞勝利を上げる大活躍。武豊騎手が持つ年間最多重賞勝利記録も視野に入るほどの”無双”ぶりだった。

横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  6. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  7. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  8. JRA「またも」落馬事故で横山武史が病院搬送……藤田菜七子、戸崎圭太、三浦皇成ら関東スター騎手の相次ぐ“悲劇”にファンも心配
  9. JRA「まるで別人」C.ルメールまさかの重賞13連敗……大本命オーソクレース6着惨敗で、2022年重賞「馬券圏内ゼロ」行進
  10. JRA イクイノックスVSジオグリフは実現せず!? 豪華絢爛の木村哲也厩舎が抱える深刻な“C.ルメール依存症”…解決策はいつものアレ?