NEW

村田諒太が圧倒なのに負けで「判定買収」の声すらも……不可解すぎる判定に怒号の嵐

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
村田諒太が圧倒で負け!? 不可解すぎる判定に怒号の嵐の画像1村田諒太公式フェイスブックより

 20日、WBA世界ミドル級王座決定戦に臨んだ村田諒太。試合は「まさかの敗戦」となった。

 序盤は静かな印象の立ち上がりで、村田は様子を見ているような状態が続いた。徐々に強烈な右ストレートでプレッシャーをかけると、第4Rでダウンを奪う。その後は終始村田ペース。最後はKOこそできなかったものの、エンダムに何もさせないまま。誰もが勝利したと思ったが……。

 なのに、判定は1-2でエンダムの勝利。会場は「ええええええええ!」の声が殺到し、村田も茫然とする他なかった。

 テレビのアナウンサーも、解説もゲストも観客も、そして視聴者すらも理解できない判定に「判定買収か?」「ふざけてる」「村田がかわいそう」という声が殺到している。

「全体的に村田選手の手数は少なかったのは確かですからね。ポイント獲得という点ではアッサムだったということでしょうね。それでも納得まではいかないですが……。アメリカでは手数がポイントに直結する場合も多く、村田選手はジャブすらも少なかった。そういった差が出たということでしょうか」

 試合の後半戦が、すべてアッサムのポイントとなっているが、仮にそうでも序盤のダウンや村田の攻勢から見れば考えられない結果、と見られても仕方がない様子。それともプロの審判にしかわからない何かがあるということだろうか。

 いずれにせよ、不可解判定による「ドッチラケ」で終わってしまった村田の世界戦。今後さまざまな議論がなされていくだろう。

村田諒太が圧倒なのに負けで「判定買収」の声すらも……不可解すぎる判定に怒号の嵐のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!