NEW

パチスロの存続に必要なのは出玉ではない!? 重要なのは依存問題を含めた業界の「いま」と「未来」に向き合う姿勢?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoya.jpg

 6月14日、日本電動式遊技機工業協同組合と回胴式遊技機商業協同組合は8月4日(8=パチ、4=スロ)パチスロの日にちなんだファンイベント『パチスロサミット2017』の開催を発表した。

 パチスロ界を盛り上げるべく始まった本イベントは今年で6回目。人気のライターやタレントが登場しトークイベントなどを行い盛り上げる。それだけではなく、パチスロ最新機種の無料試打をすることも可能。試打会は昨年も大好評だったイベントの柱だ。

 今年の試打会には、21メーカーから1社4台の計84台が出展予定。2017年8月の段階で検定取得済みのパチスロ機が試打できるということで、早くも話題になっている。この試打会の模様は「ニコニコ生放送」でライブ中継される予定だ。

 今年も大いに盛り上がりそうな気配。遊技人口増加のテコ入れという意味で、効果的なアピールになりそうである。ただ今回に関しては、これまでのお祭り的な要素を控える予定だという。

パチスロの存続に必要なのは出玉ではない!? 重要なのは依存問題を含めた業界の「いま」と「未来」に向き合う姿勢?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチスロサミット依存問題の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!