NEW

武豊よりもキタサンブラックを知る男が「証言」!宝塚記念凡走を”予言”した敏腕厩務員が語る現役最強馬の「現状」は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊よりもキタサンブラックを知る男が「証言」!宝塚記念凡走を予言した敏腕厩務員が語る現役最強馬の「現状」は?の画像1

 29日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(G1)は、この秋のG1戦線を占う超豪華メンバーが集結。戦前から大きな盛り上がりを見せている。

 しかし、その中でも最も注目を集めているのは、やはり昨年の年度代表馬キタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)であり、それも今回に限ってはその「コンディション」である。

 現役最強馬は、すでに絶対的な存在ではない。ここまでG1・5勝、通算獲得賞金は歴代5位(付加賞含む)と、紛れもなく歴代最強馬の一角に食い込んでいるキタサンブラック。しかし、春古馬3冠の偉業が懸かった前走の宝塚記念(G1)では、単勝1.4倍に推されながらも最後の直線でまさかの失速。

 その原因に様々な憶測が飛び交ったものの、未だ真相は闇の中のままだ。

 その後、当初予定されていた凱旋門賞(仏G1)出走も白紙となり、十分な休養を経たキタサンブラック。しかし、この秋は、春に話題を呼んだ坂路3本追いが封印されるなど、比較的静かな始動戦を迎えようとしている。順調に調整が進められているようだが、その一方では”不安説”も飛び交っており、ファンとしては最も取捨の難しい存在になりつつあるようだ。

 しかし、そんな中、ある意味ではキタサンブラックを管理する清水久詞調教師よりも、さらには主戦の武豊騎手よりも、その発言が注目されている人物がいる。本馬を担当する辻田義幸厩務員だ。

武豊よりもキタサンブラックを知る男が「証言」!宝塚記念凡走を”予言”した敏腕厩務員が語る現役最強馬の「現状」は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!