NEW

【JBCクラシック(G1)展望】驚愕の勝率50%「武豊の祭典」に競馬界のレジェンドがアウォーディーで出陣!

【この記事のキーワード】

, ,

【JBCクラシック(G1)展望】驚愕の勝率50%「武豊の祭典」に競馬界のレジェンドがアウォーディーで出陣!の画像1

 今年も「地方競馬の祭典」JBC開催が11月3日に大井競馬場で行われる。特にそのメインレース・JBCクラシック(G1)は「武豊の祭典」と述べても過言ではないほど、中央競馬のレジェンドが荒稼ぎしているG1として有名だ。

 今年で17回目を迎えるJBCクラシックだが、過去16回の内、武豊騎手が5連覇を含む8勝をマーク。ここ2年もコパノリッキーとアウォーディーで連覇中となり、その勝率は驚愕の50%となる。

 そんな武豊騎手が今年も騎乗するのが、昨年の覇者アウォーディー(牡7歳、栗東・松永幹夫厩舎)だ。

 昨年のJBCクラシックではコパノリッキーとの頂上決戦を制して、6連勝で初G1制覇を達成したアウォーディー。しかし、続くチャンピオンC(G1)でダート転向後初の敗戦を喫すると、その後はドバイワールドC(G1)挑戦などもあって未勝利の状態が続いている。

 とはいえ、そのドバイワールドCでは世界の強豪を相手に5着に健闘。国内のダートでも未だ馬券圏内を外したことがなく、紛れもないダート界のトップホースとして君臨している。今回は昨年の川崎競馬場から大井競馬場への変更となるが、東京大賞典(G1)2着や帝王賞(G1)3着などの好走歴もあり、大崩れは考えにくい。

 あとは武豊騎手が、自己記録更新となるJBCクラシック9勝目を上げられるか。晩成とはいえ、今年で7歳になるアウォーディー。そろそろ2つ目の勲章が欲しいところだ。

【JBCクラシック(G1)展望】驚愕の勝率50%「武豊の祭典」に競馬界のレジェンドがアウォーディーで出陣!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事